いつでもどこでも、隣にいるかのように話せる新感覚コミュニケーションテクノロジー。幅広いシーンで使える新モデルがついにローンチ!

音声によってあらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献する「Team Growth Platform」を提供する株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役CEO:宮坂貴大、以下「BONX」)は、リモートワークや業務現場での利用に最適な『新しい生活様式のための新しいコミュニケーションツール BONX mini(ボンクスミニ)』の一般販売を3月1日(月)より開始いたします。

『BONX mini』は、2015年のクラウドファンディングで当時の日本のIoT製品史上最高額を記録した『BONX Grip』をさらに小型化・軽量化し、価格面においても低価格化を実現させた新モデルです。抜群のフィット感を生む完全独自のプロダクトデザインによって、快適さと外れにくさを両立しました。さらに左右両耳に着用が可能です。

 

ビジネス・プライベート問わず、スマートフォンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも仲間とつながる革新的なグループトークテクノロジーを、より身近に体験することができるようになりました。
街中でのランニングやアクティブなシーンでも、リモートで別々の場所で働いていても、レジャーやアウトドアシーンでも活躍します!
公式オンラインショップ:http://jp.bonx.store/
※9時より販売開始いたします。
※法人のお客様は別途お問い合わせください。

 

特徴1:雪山生まれの革新的な通話テクノロジーが小型化。シティーユースにも。

『BONX mini』は、『BONX Grip』の基本的機能はそのままに大幅サイズダウン。 BONX Grip同様、専用アプリによって最大10人まで同時相互通話が可能です(有料アプリを使用すれば、最大50人まで可能)。新しいコミュニケーションをより身近に体験することができるようになりました。
またインターネット通信のため、通信距離の制限無く、不安定な電波環境でも接続を維持することができます。
さらにボタンを押す必要もなく、話すだけで通話を開始できるため、隣にいるような感覚で仲間との会話を楽しむことができます。

 

特徴2:会話の録音・テキスト化機能の追加でビジネスにも。

BONX WORKアプリをご利用いただけば、ビジネスシーンの課題を解決する様々な音声サービスがご利用いただけます。例えば、デバイスを通して行った会話を録音・テキスト化することも可能になります(*1)。
これによって、従来の会議では必要だった録音データやメモをベースにしたゼロからの議事録作成が不要になり、業務効率を大幅に改善することが可能になります。
*1:一部機能の利用には有料版アプリへの登録が必要になります

 

特徴3:シームレスなライフスタイルに適応するミニマルなデザイン

幅広いスタイルにマッチするミニマルなデザインが特徴の『BONX mini』は、スポーツシーンや、カジュアルシーンなど、様々なシーンにマッチします。また、「働き方改革」の施行に伴い、業務改善が求められている全てのビジネスシーンでも違和感なく使えるデザインになっています。

 

その他の機能

・約15gあった『BONX Grip』に比べ、『BONX mini』は僅か5gしかなく超軽量。独自の装着システムで外れづらく長時間着用も快適です。
・「人の声の聞き取りやすさ」にフォーカスした独自の音響設計のため、雑踏の中でも声が聞き取りやすい。
・ノイズキャンセリングも実装。
・周囲の音がしっかりと聞こえる開放型イヤフォンを採用。移動中での利用も安全。
・充電ケースとセットで18時間の使用が可能。
・BONXアプリでの通話以外でも、通常の電話での使用も可能。ワンタッチで着信を取れる。
・Podcastやラジオを聴くのにも最適。もちろん音楽対応も可能。

 

BONX mini紹介ムービー

 

BONX mini使用レビュー

<日本医科大学千葉北総病院 放射線科 嶺 貴彦様>
当院血管撮影室では、レントゲンを見ながら血管の中に細いカテーテル進めて血管病変やがんなどを治療する血管内手術を行っています。マンパワーは十分でないため、フロア内の各部署にスタッフが散らばって、多種の業務を同時進行しなければなりません。血管内手術のクオリティをコントロールするために,血管撮影室から離れたデスクのモニターに治療のリアルタイム映像を表示し、術者の耳元に遠隔でアドバイスできるようなシステムの構築を目指しました。
求めたポイントは,安価・簡便・軽量です。BONXには以前から興味があったのですが,スノーボードで一回転してもズレないBONX Gripは私にはごつく見え,トライアルでも装着中のストレスが気になりました.待ちに待ってやっと手元に届いたminiとBONX WORKの組み合わせはやはり革新的で、私たちの目的においては医療現場でも大活躍です。いつもは2-3人がひとつのトークルームに接続して、血管撮影室にいる術者と離れたデスクで他の業務に当たっている私とがコミュニケーションを取り合っています。コロナ以前から、遠隔での医療行為は手術室でも外来診療でも画像診断領域でもトピックのひとつであり、これからの発展性も多いに感じているところです。

 

製品スペックはこちらをご確認ください。
BONX mini:https://bonx.co/ja/bonx-mini/

 

BONX WORKについて

2017年9月よりBONX for BUSINESSのサービスを開始。ローンチ当初は「コミュニケーションで現場は加速する」をキーワードに、様々な”現場”で活躍されるクルーの皆さんの仕事を音声によって支援してきた。ハードな環境下での使用を想定したUIとUXは、ビジネスシーンにおいても、現場での業務にフィット。また、距離的に分散することで業務上のコミュニケーションが難しくなってしまった”オフィス”のリモートワーカーに向けて2020年5月に新機能を多数追加した。単なる業務改善ツールではなく、チームコラボレーションツールとしてチームの成長に貢献している。

※1月末よりサービス名称を「BONX for BUSINESS」から「BONX WORK」に変更致しました。

 

株式会社BONXについて

https://bonx.co.jp/

2014年に宮坂貴大が創業。アクションスポーツ中における仲間とのコミュニケーションの課題からBONXを着想し、2016年12月に「BONX Grip」の発売を開始。2017年12月には法人向けサービスBONX for BUSINESSをスタートさせました。2019年7月に第85回エンデバーISP(最終国際選考会)にて日本起業家としては7社目となるエンデバー・アントレプレナーとして選出され、2019年11月から2020年6月に行った新プロダクト「BONX mini」のクラウドファンディングでは約8,000万円の支援を頂き目標を大幅に達成。2020年6月にはBONX for BUSINESSの大幅なソフトウェアアップデートを行い、音声による常時接続による密なコミュニケーションを実現。2021年1月にサービス名をBONX WORKに変更。BONXは、スポーツ/小売/介護/飲食/病院/建築現場/リモートワークなど、あらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献するTeam Growth Platformとして拡大しています。

社名:株式会社BONX (BONX INC.)
代表:宮坂貴大
設立:2014年11月
本社所在地:東京都世田谷区駒沢4丁目18-20

本リリースに関するお問い合わせ:pr@bonx.jp

音声によってあらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献する「Team Growth Platform」を提供する株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役CEO:宮坂貴大、以下「BONX」)は、カーディーラー・整備業向けナンバー認識システムと来店顧客管理システム Vehicle Visionを提供する株式会社ピー・エム・シー(東京都品川区、代表取締役:人見兼義、以下「ピー・エム・シー」)と販売代理店契約を締結いたしました。

BONXとピー・エム・シーとの取り組み
BONXが提供するBONX for BUSINESS(現 BONX WORK、以下BONX for BUSINESS)とピー・エム・シーが提供する車のナンバーの読み取りシステムを連携し、来店されたお客様の情報がBONXを通して店舗のスタッフにお知らせされるシステムを共同で開発いたしました。このシステムでは、カーディーラーの既存のお客様が車で来店された時点で、どなたがいらっしゃったかというのを音声でお知らせします。これまでは画面上で確認をされていたお客様の来店情報を、直接カーディーラーのスタッフの耳に届けることが可能となります。これにより、お客様の来店に対する反応スピードをアップし、お客様の満足度向上に繋げることが可能となります。このシステムは2021年1月より、ピー・エム・シーがBONXの販売代理店という形で販売をいたします。

 

株式会社BONXについて
https://bonx.co.jp/
2014年に宮坂貴大が創業。アクションスポーツ中における仲間とのコミュニケーションの課題からBONXを着想し、2016年12月に「BONX Grip」の発売を開始。2017年12月には法人向けサービスBONX for BUSINESSをスタートさせました。2019年7月に第85回エンデバーISP(最終国際選考会)にて日本起業家としては7社目となるエンデバー・アントレプレナーとして選出され、2019年11月から2020年6月に行った新プロダクト「BONX mini」のクラウドファンディングでは約8,000万円の支援を頂き目標を大幅に達成。2020年6月にはBONX for BUSINESSの大幅なソフトウェアアップデートを行い、音声による常時接続による密なコミュニケーションを実現。BONXは、スポーツ/小売/介護/飲食/病院/建築現場/リモートワークなど、あらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献するTeam Growth Platformとして拡大しています。

社名:株式会社BONX (BONX INC.)
代表:宮坂貴大
設立:2014年11月
本社所在地:東京都世田谷区駒沢4丁目18-20
本リリースに関するお問い合わせ:pr@bonx.jp

株式会社ピー・エム・シー
PMCは、会員カードによるポイントシステムを通して企業のマーケティング戦略のトータルサポートを行っています。さらにそのノウハウを新たなプロモーションツール開発へと展開。より顧客に、そして市場ニーズに近づくために、戦略の確実性・効果をアップさせています。情報を確実に届け、顧客とより深く結びつき、響き合う、PMCは市場、顧客とのリレーションシップ強化の視点からの幅広いビジネスソリューションの実現を目指しています。

社名:株式会社ピー・エム・シー
代表:人見兼義
設立:2004年10月
本社所在地:東京都品川区南品川2丁目2−7 南品川Jビル 7F

音声によってあらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献する「Team Growth Platform」を提供する株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役CEO:宮坂貴大、以下「BONX」)は、ヒルトン沖縄瀬底リゾートにコミュニケーションデバイス「BONX Grip」とクラウド型Team Growth Platformの「BONX for BUSINESS(現 BONX WORK、以下BONX for BUSINESS)」を導入することをお知らせいたします。

導入に至った背景
ヒルトン沖縄瀬底リゾートは、敷地面積・約12.5万㎡、建物床面積・約2.1万㎡を有し、2020年7月オープンのリゾートホテルです。本館、レストラン棟、屋内外プール、その他施設からなる広大な敷地の中で、離れていながらも常にコミュニケーションが必須となる部署(ベル・コンシェルジュ、各レストランのキッチン、ホールスタッフ、客室清掃スタッフ)間でのスムーズな業務作業をどのように行うか検討していました。新しいソリューションを模索している中でBONXのサービスを知り、当社グループのIT部門と打合せを重ねた結果、コミュニケーションツールとしての機能性や利便性に加え、セキュリティー面なども問題ないと判断し導入することに至りました。

導入後、ホテル開業後の本格的な実働が始まり、BONXを通して日々の業務でスムーズなコミュニケーションを図ることができています。

今後の展開の可能性
ヒルトン沖縄瀬底リゾートに隣接するタイムシェア型宿泊施設が2021年の秋頃にオープンする予定です。その新宿泊施設とのコミュニケーションをスムーズに行えるよう、今後もBONXを利用していく予定です。

ヒルトン沖縄瀬底リゾートの担当者様コメント
PHS廃止によるスタッフ間のコミュニケーションが困難になる問題を、新しいソリューションで解決していくという挑戦にうってつけのサービスです。(ヒルトン沖縄瀬底リゾート、當間様)

 

BONX for BUSINESSについて
2017年9月よりBONX for BUSINESSのサービスを開始。ローンチ当初は「コミュニケーションで現場は加速する」をキーワードに、様々な”現場”で活躍されるクルーの皆さんの仕事を音声によって支援してきた。ハードな環境下での使用を想定したUIとUXは、ビジネスシーンにおいても、現場での業務にフィット。また、距離的に分散することで業務上のコミュニケーションが難しくなってしまった”オフィス”のリモートワーカーに向けて2020年5月に新機能を多数追加した。単なる業務改善ツールではなく、チームコラボレーションツールとしてチームの成長に貢献している。

音声によってあらゆるシチュエーションでのチームの成長を促す「Team Growth Platform」を提供する株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役 宮坂貴大)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)とJR東日本スタートアップ株式会社が主催するビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム2020」に協業企業として採択されました。BONXを活用した、鉄道現場のDXを推進していきます。

■JR東日本スタートアッププログラムとは
2017年度よりJR東日本が開始した、ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したオープンイノベーションプログラムです。
詳細:http://jrestartup.co.jp/program/

■協業内容
ハンズフリーのコミュニケーションと音声認識が可能なグループ通話ソリューションを活用することで、鉄道車両メンテナンス現場における業務の効率化・安全性の向上を目指します。具体的には、鉄道メンテナンス時の作業記録のツールとBONXを繋ぎこみ、音声での作業記録の入力を可能にし、作業工数の削減を図ります。

■プログラム参加のねらい
社会インフラとしての鉄道事業に貢献できる機会があれば是非協力したいと考えておりました。この度、BONXによって可能となる「シームレスな音声コミュニケーション」と「音声認識の活用による生産性向上」という、2つの側面にJR東日本様にご期待頂き、本プログラムに参加をしました。

■今後について
採択された協業内容は、11月26日に開催される「DEMO DAY(発表会)」にて発表されます。

音声によってあらゆるシチュエーションでのチームの成長を促す「Team Growth Platform」を提供する株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役 宮坂貴大)は、複数人で通話するグループ通話システムにおいて、人間の発話を判定する技術に関する特許(特許第6742640号)を取得した事をお知らせいたします。

特許の概要
BONXがこの度取得した特許権の内容は、BONXの提供するグループ通話システムにおいて、人間の発話のみを切り出して送信する技術に関するものです。具体的には、周辺の雑音や音声をリアルタイムに解析することで、不必要な音声を消去し、人間の発話データのみを送信する技術となります。

特許に関する情報
・出願番号: 特願 第2018-187677号
・登録番号: 特許 第6742640 号
・登録日: 令和2年7月31日
・発明の名称: 携帯通信端末、プログラム、および携帯通信端末の制御方法

今後の展開
BONXは、従来の無線電波を使ったトランシーバーとは異なり、スマートフォンのインターネット回線を使ったVoIP(Voice over Internet Protocol)によるクラウドベースのグループ通話ソリューションです。現在までにスポーツ/小売/介護/飲食/病院/建築現場/リモートワークなど、あらゆるシチュエーションにおいて導入され、チームの成長に貢献するTeam Growth Platformとして拡大しています。

・建築現場や介護施設など「業務で手が塞がる」様々な業界での利用拡大
発話を検知しない場合は通信が行われない為、通信量とバッテリー消費量を抑えることができます。両手が塞がっているシーンではデバイスに話しかけるだけで会話を始めることができ、騒音環境下においても人間の声をクリアに伝えることが可能です。この利点を活かして建築現場や介護施設等の業界にて利用拡大を見込んでいます。

・音声ソリューションを活用した現場DXの推進
不要なノイズを除去することで音声認識の精度を向上させることができるため、日報の音声入力や録音データのテキスト化など、音声認識技術を使ったDXソリューションへの活用が期待されます。

株式会社BONXは、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下KDDI)が提供するSaaS型プラットフォーム「Business Port 」から、法人向け音声コラボレーションツール「BONX for BUSINESS(現 BONX WORK、以下BONX for BUSINESS)」の販売を開始したことをお知らせいたします。

1.提供概要

当社が提供する法人向け音声コラボレーションツール「BONX for BUSINESS」は、スマートフォンおよびインターネット回線を利用し、独自の音声通信システムによってチームメンバーと距離に関係なく、いつでも隣りにいるかのようにコミュニケーションが取れるツールです。

コロナ禍の昨今においては、業務においても感染リスクを最小限にするため、現場シーンにおいてはソーシャルディスタンスに配慮したオペレーションの再構築、オフィスシーンにおいてはリモートワークの導入が急速に進みました。しかし、チームメンバーとの物理的な距離が離れることで、従来どおりのコミュニケーションが立ち行かなくなり、生産性の低下や心理的ストレスの増加など、様々な面でチームワークに問題を抱える企業が多くなっています。

これに対し、BONXが提供する「音声の常時接続」という新しいコミュニケーション体験によって、ソーシャルディスタンスを維持しながらも、チーム全員がこれまで以上に密なコミュニケーションを取ることが可能です。現在、小売店舗・介護・建設と言った”現場シーン”から、リモートワークでの利用を中心とした”オフィスシーン”に至るまで、様々なシーンで利用企業が増加し、あらゆるシチュエーションでのチームの成長に貢献するTeam Growth Platformとして拡大しています。

一方で、BONX利用のためにはスマートフォンの業務導入が必要となりますが、当社単体ではスマートフォンを販売できないため、スマートフォン端末を導入していないお客様に対するサービス提供が十分ではありませんでした。また、安定した音声通話のためには安定したネットワーク環境の構築も必要となりますが、通信インフラそのものを提供することも、当社単体では難しい課題でした。

これらの課題に対し、情報通信ネットワークを提供されている企業様とのパートナーシップを拡大することで、より多くの企業のコミュニケーション課題が解決できるものと考え、情報通信網を中心に法人企業のDX推進を多面的に支援するKDDIとパートナーシップを締結することと致しました。

KDDIのSaaS型のプラットフォーム「Business Port」サービスによって、お客様はBONX for BUSINESSを簡単に導入することができ、利用料金の支払いをKDDIの通信利用料とまとめることが出来ます。また、KDDIが提供する様々な法人向けSaaSプログラムと連携することも可能です。両社とのパートナーシップを通じて、BONXのコミュニケーション体験をより早く、適切なお客様に提供し、ウィズコロナ時代のコミュニケーション課題を解決することを目指します。

2.BONX for BUSINESSを利用されているお客様の声

御茶ノ水矯正歯科 院長栃木歌子様
『3密を避けるためのコロナ対策と、業務効率化が同時に実現できました』

コメント詳細
「元々3密をさけたオペレーション実現にむけ、新型コロナ対策として導入しました。本クリニックではドクター、歯科衛生士、受付、在宅勤務チームがBONXで常時つながっています。通常、一人の患者様に3-4人が近い距離でコンタクトするのですが、BONXを活用することで、フロアをまたいだ離れた場所からでも情報共有ができたり、ドクターが患者様に近づくことなく受付を介して伝言をシェアできたりしています。予約状況を確認してくれる在宅勤務チームが、随時予約状況を現場にいるメンバーにシェアしてくれたりもしていて、非常に便利です。そういった意味では、コロナ対策だけでなく、そもそもの業務効率化にもつながっています。どこに居てもチームメンバーの動きが把握できますし、現場でも既に手放せないものになっています。」

3.ソリューション概要提供サービス:「BONX for BUSINESS」とは
https://bonx.co.jp/BONX for BUSINESSは、スマートフォンを使って、1ルームあたり30人までの双方向同時音声グループコミュニケーションを簡単に実現できる法人向けコミュニケーションアプリです。お手持ちのマイク付きイヤフォンでの使用はもちろん、純正ヘッドセット「BONX Grip」を使えば、更に便利に使うことが可能です。KDDI:「Business Port」とは
「Business Port」は、様々な業務アプリケーションを必要な時に利用することができるSaaS型のプラットフォームです。KDDIのサービスと一緒にご利用いただく事で、簡単に、素早く、便利に、お客様の負担軽減や利便性向上につなげます。

BONX for BUSINESS(現 BONX WORK、以下BONX for BUSINESS)アプリに、Microsoftアカウントでログインが可能になりました。

株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役 宮坂貴大)は、法人向け音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」にMicrosoftアカウントとの連携機能を追加いたしました。Microsoftテナントやアカウントを持っていれば、BONX for BUSINESSにユーザー登録することなくお使いいただけるようになります。

ユーザーアカウント登録の手間が軽減します
従来はBONX for BUSINESSを使うために、ユーザー1人1人の情報を登録する作業が必要でしたが、すでにMicrosoftアカウントを持っている場合は、管理者の初期設定のみで、お持ちのMicrosoftアカウントを使ってBONX for BUSINESSへのログインが可能になります。

多くの企業様がお使いのMicrosoftアカウントと連携することでシングルサインオンが可能になり、BONX for BUSINESSへのユーザー登録の手間や新しいツールを導入することにおけるセキュリティ課題を軽減することにもつながります。またBONXは、Microsoft for StartupsというMicrosoftのプログラムに採択されており、今後もアライアンスを強化していく方針です。 https://startups.microsoft.com/ja-jp/

■Microsoft アカウント連携について
BONX for BUSINESSの全てのユーザーを対象に、Microsoftアカウントをお持ちのお客様はMicrosoftアカウントでのシングルサインオンが可能となります。
①BONX for BUSINESS テナントとMicrosoft テナントを紐付け登録することで、Microsoftアカウントをご利用のお客様はBONX for BUSINESSのコンソール(管理画面)でユーザー登録をすることなくシングルサインオンが可能となり、Microsoftアカウントを介したユーザー管理が可能となります。
②既にMicrosoftアカウント由来のメールアドレスを用いてBONX for BUSINESSをアカウント登録されているお客様は、メールアドレスとパスワードを入力する必要なく、Microsoftアカウントでのシングルサインオンによるログインが可能となります。

ご質問等ございます場合は、担当営業もしくはBONXまでご連絡ください。
【連絡先】b4b_info@bonx.jp