2020.03.09BONX、リコー、コクヨロジテム、物流業務におけるヒアラブルコミュニケーションデバイス活用を開始

お知らせ

プレスリリース

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)は、株式会社BONX(代表取締役:宮坂貴大)の開発したヒアラブルコミュニケーションデバイス「BONX Grip」およびクラウドサービス「BONX for BUSINESS」を、株式会社コクヨロジテム(代表取締役社長:小柴隆之)に導入し、コクヨロジテムは3月9日(月) から全国の物流拠点での運用を開始しました。同製品および同クラウドサービスの物流業界における全国規模の導入は初めての事例となります。BONX for BUSINESSは、従来の無線電波を使ったトランシーバーとは異なり、スマートフォンのインターネット回線を使ったVoIP(Voice over Internet Protocol)によるクラウドベースのグループ通話ソリューションです。働く場所を限定せず、最大30人までの音声グループコミュニケーションを簡単に実現します。専用のヒアラブルコミュニケーションデバイスであるBONX Gripを使用することで、作業時に両手が塞がった状態でもハンズフリーでリアルタイムのコミュニケーションが可能となります。

今回、リコーがビジネス向け展開を進めているBONX Gripを、コクヨロジテムの全国の物流拠点で導入し、BONX for BUSINESSのサービスを利用して、納品・引っ越し業務・倉庫内の事務所・現場のスタッフ間コミュニケーションツールとして活用します。コクヨロジテムの主力事業である「オフィス家具の組立・納品業務」では、現場での「円滑な作業工程の遂行」、「複数拠点を繋ぐ、同時コミュニケーションの重要性」は、かねてから課題となっていました。

コクヨロジテムで担当する組立・納品、構内作業の各現場において、BONX for BUSINESSのグループ通話機能を活用することで、昨今の高層ビル開発に伴う、複数フロアや広範囲の納品現場、搬入作業での必要な各工程の作業担当者間とのコミュニケーションツールとして、また、「製品の保管・物流」を担う全国の配送拠点では、構内作業と物流管理の各現場を繋ぐコミュニケーションツールとして活躍する予定です。BONX Grip およびBONX for BUSINESSを用いることで最大30人とハンズフリーで一斉連絡することが可能になり、音声を切り口として、同時進行の作業をより「正確」に、「安全」に、そして「スピーディ」に進められるメリットを最大限活用できます。物流業界共通の課題である、現場での「安全性」・「効率性」の向上、より「高品質」・「高価値」な製品・サービスの提供を目指していきます。

コクヨグループの物流業務を担う、コクヨロジテムは「物流業界での働き方改革」・「労働力人口の減少」に伴い、2017年からAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など最新のデジタル技術活用を始めとした業務ツールの改革・オペレーション改善、物流業界のイメージ脱却を社内外へ働きかけるプロジェクトを推進しています。今後はこれまで以上に積極的にデジタル技術・最新ツールを検討し、配送ドライバー等、他業務への展開を図り、音声データを活用した、更なる業務効率化を目指します。

リコーは今後も、さまざまな業種に対してヒアラブルコミュニケーションデバイスを利用したクラウドサービスの展開を図り、音声グループコミュニケーションによるお客様の業務効率化、働き方改革を支援するとともに、従来取得が難しかった現場の音声データを活用した音声ソリューションの開発を進めていきます。

◆BONX Grip諸元データ

マイク方式:デュアルマイク

重さ:約15g(*1)

本体サイズ(イヤーループを除く):縦×横×厚み = 約32 × 約44 × 約18mm

バッテリー方式:リチウムポリマー電池

充電方式:マイクロUSB

連続通話時間(BONXアプリ使用時): 〜約7時間

待機時間:約400時間

防水性能:IPX5

Bluetooth:Dualmode Bluetooth 4.1 (Classic Bluetooth and Bluetooth Low Energy)

ペアリング済みスマホとの通信距離: 最大約10m(Class 2)

対応端末:Phone 5以降のApple製端末、iOS 9以降。 Android 4.3以降の各社端末。(*2)

同梱物(1個入り): イヤーループ(S/M/L 3サイズ)、イヤーキャップ(S/M 2サイズ)、ステッカー、 microUSBケーブル、製品マニュアル

製品保証期間:ご購入より1年間

注記事項
*1:本体に、イヤーループ及びイヤーキャップを装着した実際の使用時の環境でのサイズです
*2:対応端末は、iOS、Androidの提供するサポート内容により変更される可能性があります

◆株式会社BONXについて
2014年、日本のスノーボーダーで起業家の宮坂貴大が創業。「スノーボード中に仲間と会話したい」という思いからBONX Gripを着想し、ビジョンに共感したエキスパートたちを集めてチームを結成。その後、約1年間の開発期間を経て実施したクラウドファンディングで、当時日本のIoTスタートアップとしては最高額となる2,500万円強を達成し、スポーツやアウトドアの領域から一般販売を開始した。2017年夏には北米にもサービスを展開し、同年12月には法人向けサービスBONX for BUSINESSを国内でスタートさせた。また、2019年8月にはBONX for BUSINESSのオープン化により、音声データを活用することで業務効率化を目指すbonx. ioをリリースし、同年12月には会話をテキスト化するSTT機能のβ版をリリースした。

【BONX miniクラウドファンディング実施中】
『BONX mini』は、2015年のクラウドファンディングで当時の日本のIoT製品史上最高額を記録した『BONX Grip』をさらに小型化・軽量化し、価格面においても低価格化を実現させた新モデルです。
https://greenfunding.jp/lab/projects/3072

【会社概要】
社名:株式会社BONX (BONX INC.)
代表:宮坂貴大
設立:2014年11月
本社所在地:東京都世田谷区駒沢4丁目18-20

本リリースに関するお問い合わせ:pr@bonx.jp

◆リコーグループについて
リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES – 人々の“はたらく“をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。 https://jp.ricoh.com/

◆コクヨロジテムについて

コクヨロジテムは、コクヨが目指す、お客様の 「はたらく」 「まなぶ」 「くらす」 が、より創造的に、快適になる空間づくりを実現するための、コクヨグループ内外のロジスティクス業務全般を担っています。「感動納品~ここちよい環境をすべての人に」をスローガンに掲げ、お客さまのニーズやご希望を深く理解すること、そして取り扱う商品を徹底的に知ることを大切にしながら、全国41ヶ所の配送ネットワークで展開しています

詳しい情報は、こちらをご覧ください。https://www.kokuyo-logitem.co.jp/

BONX for BUSINESSお申し込み

こちらの必要事項をご記入の上、お申込み頂ければすぐにトライアルを開始頂けます。
35日間は完全無償でテスト頂くことが可能です。

BONX for BUSINESSをどこでお知りになりましたか?
想定のご利用人数
その他ご検討中のコミュニケーションツール

登録が完了しました

ご登録ありがとうございました。
必要なログイン情報は登録いただいたメールアドレスに
お送りいたしますので、そちらをご確認下さい。

30分以上待ってもメールが届かない場合は、
こちらより弊社までお問い合わせ下さい。