株式会社日本サラブレッドコミュニティクラブ代表取締役 山本様

馬房と活動場所でもスムーズに情報共有が行えるようになりました

Case study

馬に乗る場所と子どもたちが活動する場所が離れており、それぞれの場所にいるスタッフ間の連絡が取りづらいことが課題でした。トランシーバーと比べてBONXはこの課題を解決してくれるには適切だと思い導入しました。
さらに送迎サービスにおいても、送迎車同士で何かアクシデントがあった時の連絡や、もうすぐ到着するという情報を共有できるのでスムーズに業務が行えるようになりました。

株式会社日本サラブレッドコミュニティクラブ