TIDE POOL代表 マリンエデュケーター今村様

電話よりもスピーディーに、スタッフ間で情報が共有できています

Case study

画像1

葉山の自然の中にある、強さとやさしさを育む自然学校、TIDE POOLでの導入事例をご紹介します。こちらの自然学校は、葉山・逗子地区の小学校1年生〜6年生を対象としたアフタースクールです。4種類の授業コースを設けており、子どもたちが「より良い人生を生きていく」ことを第一とした総合的な教育を行っています。

広い活動フィールドでも円滑に状況を共有するため、スタッフ間のコミュニケーションに、BONXをご活用いただいております。今回は代表の今村様に、BONXがどのように役立っているか、実際の使用感をおうかがいしました。

TIDE POOL代表マリンエデュケーター:今村様

画像2

Q.BONXの導入のきっかけをご教示下さい

クラウドファンディングやFacebookでBONXを知りました。車でのお迎えや、山や海といった広いフィールドの中で、円滑に情報共有するためにBONXを導入しました。

Q.何人で利用されていますか?

事務所スタッフ、お迎えのドライバーさん、子どもたちのケアをするスタッフの5人で利用しています。

Q.BONXを導入する前はスタッフ間の連携にどのような課題がありましたか?

グループによって活動フィールドが異なり、導入前は携帯電話で連絡を取り合っていました。電話をかける際、子どもたちへの視線を外してしまうことや、電話にお互い出ることができない状態があり、情報共有に課題がありました。

Q.BONXは具体的にどういった場面で役に立っていますか?

画像3

BONXを活用してからは、本部で待機しているスタッフ、野外にいるスタッフが互いの情報や子どもたちの状況をリアルタイムでスピーディーに共有できるようになりました。子どもたちに目を配る余裕が増えることで、危険性の察知が容易になりました。

BONXはボタンを押すだけで、通話ができるので視線を外すことなく、子どもたちを見守ることができるので、とても便利です。海での活動は、海班、陸班と、グループが分かれており、離れた場所からのやり取りができることも便利ですね。車での送迎も、本部と送迎担当とのやり取りが本当にスムーズになりました。

Q. BONX for BUSINESSでリリースされた新機能で気になっている機能はありますか?

「文字起こし機能」と「チャット機能」を利用したいです。「文字起こし機能」に関しては、万が一何かアクシデントが生じた際に、子どもたちとのやり取りの記録を後で見返すことができるので、再防止策を講ずる際に役に立ちますね。また子どもたちの何気ない言葉を、後で見返すことができると、レポートをまとめる時にとても助かります。「チャット機能」は、オープンなエリアでは、言葉で伝えにづらいことや、スタッフだけで共有したい内容を、高い機密性で共有することができると思います。特に、子どもたちに関する情報は、公の場では気を使うことが多いので、とても便利な機能になると思いますね。

Q.プライベートではどのように使うと楽しそうだと思いますか?

私は、アウトリガーカヌーという6人乗りのカヌーが好きなのですが、6人のメンバーとのコミュニケーションがより円滑になり、選手に遠くからアドバイスができるなど、非常に活用的になると思います。特に、伴走しているクルーザーからでは、近寄ることが難しいので、遠隔での支持が出せるのは非常に助かります。SUPに乗るときには、ハンズフリー機能を使うと自由に会話ができそうです。

TIDE POOL