混線の心配がなく、ワイヤレスで見た目がスマートなので重宝しています

SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)-渋谷スクランブルスクエア株式会社 | 営業一部チーフ渡邉 博之様

サムネイル

SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)で行われた、第4回のHACHIKO PITCHでイベント運営スタッフの連携にBONXをご利用頂いています。”HACHIKO PITCH”とは、「出会いたい人に出会える日本最高の待ち合わせ場所"ハチ公"」をビジネスの場に作る試みとして、多様なコミュニティから、「今出会いたい人がいる」イノベーターが出会いたい人に向けてピッチをおこなうイベントです。今回はこのイベントを株式会社エッジ・オブと共同で企画・主催されている渋谷スクランブルスクエアの渡邉様にお話をお伺いしました。

渋谷スクランブルスクエア株式会社|営業一部チーフ 渡邉博之様


BONXをご利用いただいてどれくらいになりますでしょうか?


2018年の9月くらいから利用しているので、1年半くらい前から使っています。このようなイベントがあるたびに、運営スタッフ間の連携に使っています。ピッチをする場所をただ作るだけじゃなく、そこで新しい出会いが生まれるようなコミュニティを作ることが大事だと思っているので、定期的にイベントを行っています。

BONXをどちらでご覧になりましたか?

BONXさんが出店をされている展示会でご挨拶をさせていただいてからだと思います。今は8台のBONX Gripを使っています。

BONXを導入される前はどうされていたのでしょうか?


当時、イベントをやり始めた頃はトランシーバーを使っていましたが、トランシーバー自体が重く、レンタル費用もかなりかかっていたので不満がありました。また、もしコスト面がクリアできたとしても、混線してしまうという懸念があります。ヒカリエの警備隊と混線してしまったことが実際にありました。BONXは混線が無く、軽くてスマートな形で使えるので気に入っています。

BONXが活躍した事例は今回のイベント以外にもありますでしょうか

別の会場で、1階と3階に分かれてイベントをする時にすごく役に立ちました。3階が会場で1階が受付だったのですが、3階までの導線が分かりづらく1階に人を配置する必要がありました。1階にお客様が来た時点で3階に伝えられるので非常にオペレーションがスムーズに行えました。

BONXを使っていて「こういうことができたらいいな」という期待することはありますか?


今までトラブル無しで使えているので正直、満足しています。強いて言うならBONX自体がスマートフォン無しでコミュニケーションが取れるようになったら最高です。笑

音声をテキスト化するSTT機能の使い道はありそうでしょうか?

あると思います。イベントを開催したあとに、何か問題が発生した時に振り替えることができるログがあるのはすごくいいですね。そのログを振り返って、次のイベント運営に活かしていけると思います。 対外的には、イベントの様子や情報を発信するときに、運営の会話がログになって残っていれば、そこから発信できそうなやり取りを抽出できると思います。運営の会話のログは今まで無かった情報なので、発信の情報量自体を増やせそうですね。

BONX for BUSINESSお申し込み

こちらの必要事項をご記入の上、お申込み頂ければすぐにトライアルを開始頂けます。
35日間は完全無償でテスト頂くことが可能です。

BONX for BUSINESSをどこでお知りになりましたか?
想定のご利用人数
その他ご検討中のコミュニケーションツール

登録が完了しました

ご登録ありがとうございました。
必要なログイン情報は登録いただいたメールアドレスに
お送りいたしますので、そちらをご確認下さい。

30分以上待ってもメールが届かない場合は、
こちらより弊社までお問い合わせ下さい。