2020.07.17リモートワークのコミュニケーション課題はBONXで解消できます

お知らせ

リモートワークの導入でこんなお悩みありませんか?

 

・チームの社内連携やコミュニケーションの取りづらさ
・社員のモチベーションの維持
・管理職とメンバーのコミュニケーションの減少による部下の働きがいの理解
・プロジェクトや案件の進行が出社していた時と比べて遅い
・部署やチームを跨いだコミュニケーションの減少
・PDCAのアクションの実行が出社していた時と比べて遅い
・クラウドベースのツールでは情報管理が不安

これら全ての課題を既存のビデオ会議ツールやテキストチャットツールだけで解決することは難しいかもしれません。現在すでに導入されているツールに加えて、BONXを導入することでリモートワークのお悩みを解決します。

 

「音声でつながりながら働く」というリモートワークの新しいスタイルBONX WORK

 

BONXは、お手持ちのスマートフォンにBONX for BUSINESSアプリを入れるだけでメンバー同士が声でつながる音声による常時接続を実現します。トークルームというチームが会話をする部屋に入っておくことで、話しかければ誰かが応えてくれたり気軽に雑談ができます。BONXを活用したBONX WORKというリモートの働き方は、音声でオフィス空間を再現する新しいスタイルです。テキストチャットとビデオ会議ツールだけでは難しかった、リモートでの密なコミュニケーションをBONXは可能にします。

①オンラインミーティングの効率が上がります
音声でつながりながら働いていると日頃から密なコニュニケーションをチームでできるため根本的にミーティングの回数が出社していた時よりも少なくなりました。またBONXを活用してのオンラインミーティングでは、常時接続しているルームに入った状態で始めることができますので、ミーティングの度にビデオ会議ツールを立ち上げてメンバーが揃っているか等の確認が不要になりました。プロフェッショナルプランには文字起こしの機能もあるので、議事録を取らなくても会話の内容がデータとして残り、途中参加者はどのような会話が行われていたかをリアルタイムに確認ができます。

②プロジェクトのPDCAを回す効率が上がり、ビジネスが前に進みます
例えばデジタルマーケティングの仮説検証のPDCAでご説明すると、出てきた結果に対して予定を調整してミーティングをするとなると、議論開始までに時間がかかってしまいます。BONXで声でつながっている状態であれば、結果が出てきた瞬間にBONXを通じて相談がすぐにできます。現在は、デジタルマーケティングでのリード獲得に関するミーティングは週に1回しかしておらず、ミーティングは認識のすり合わせくらいの立ち位置になりました。ミーティングの時間が減ったことで、その時間を違う業務に使うことができているので生産性も大きく上がっています。またBONXの特性上、同じトークルームに入っていればその会話を聞くことができるので、メンバーのやり取りをマネージャーも聞いているので、「時間を別で取って相談」というステップを飛ばして、出た施策に対してのリアクションもすぐに返ってきます。これがBONXでビジネスが前に進む理由です。

③気軽にメンバーと話せることで生み出される雑談がビジネスを加速させます
テレワークの長期化で失われたものの1つとしてオフィスに出社していた時は自然にしていた「雑談」があげられます。雑談はイノベーションのきっかけになると言われています。同僚との雑談中に新しいビジネスの展開を思いつくということはよくあるのではないでしょうか?従来のリモートワークのツールにBONXをプラスして、常に音声でつながりながら働き、雑談や情報収集のための会話を社員同士で気軽にできる環境があれば、新しいサービスの創造やビジネスの仕掛けが思い浮かびやすくなります。

 

プロフェッショナルプランで利用できる革新的な5つの新機能

 

・個別トーク機能
個別トーク機能によって、同じトークルームにいる人を指定して、その人と会話ができるようになりました。(複数人も可能)打ち合わせに遅れた場合でも、個人間でのみ話ができればトークルームの他のメンバーの会話を遮ること無くキャッチアップができます。

・複数ルーム会話機能
従来は、1つのトークルームを選択し、その1つのトークルームの中でのみ会話ができるというものでした。ユニットトーク機能によって、複数のトークルームに同時に入室し、そのトークルームを跨いで会話をすることが可能になります。これにより複数のルームの会話を同時に聞くことができ、複数のルームに同時に指示を出すことができます。また、アプリ上で個別に会話に参加するトークルームを選択することも可能です。

・チャット/画像共有機能
従来は、音声のみのやりとりに対応しておりました。「わざわざ声で伝えなくてもいいこと」をテキストで共有できます。例えば、「お昼に入ります」や「アポに入ります」等の簡単な業務連絡は手を止めてまで伝えるほどのことではないですが、ログとしては残しておきたいですよね。そんな時にチャット機能があると非常に便利です。

・全体通知機能
複数のトークルームに一斉に通知を送ることができます。これにより違うトークルームで会話をしている仲間に通知を表示して情報の共有が可能になりました。

・文字起こし機能
BONX for BUSINESSで会話をすると、会話をした内容を文字に変換して閲覧できるようになります。文字起こしの結果は、アプリ上でリアルタイムに閲覧することができます。またウェブコンソールよりCSVで出力をすることも可能です。

【情報管理も万全】オンプレ/プライベートクラウドでの運用について

 

リモートワークで社員が自宅などで会社の情報を扱う際のセキュリティーの確保が必要な企業様においては、情報管理も万全なオンプレミス型、プライベートクラウド型も可能です。お申し込みはBONX for BUSINESSの公式ページ<https://bonx.co.jp/>にアクセスし、トップページ右下の「今すぐ無料でお試し」より企業情報をご登録ください。その際、プライベートクラウド希望」と記載いただきますようお願い申し上げます。弊社営業からご連絡を差し上げます。

 

BONX for BUSINESSのご利用料金について(価格は税抜です)

 

ご質問・ご不明な点がございましたら下記メールアドレスまたはフォームににお問い合わせくださいませ。
<お問合せ先>
株式会社BONX Business Unit
メールアドレス:b4b_sales@bonx.jp
お問い合わせフォーム:https://bonx.co.jp/contact/ 

BONX for BUSINESSお申し込み

こちらの必要事項をご記入の上、お申込み頂ければすぐにトライアルを開始頂けます。
35日間は完全無償でテスト頂くことが可能です。

BONX for BUSINESSをどこでお知りになりましたか?
想定のご利用人数
その他ご検討中のコミュニケーションツール

登録が完了しました

ご登録ありがとうございました。
必要なログイン情報は登録いただいたメールアドレスに
お送りいたしますので、そちらをご確認下さい。

30分以上待ってもメールが届かない場合は、
こちらより弊社までお問い合わせ下さい。