2020.11.06JR東日本スタートアッププログラム2020に採択、鉄道車両メンテナンス現場における業務の効率化・安全性の向上を目指す
〜コミュニケーションツールと音声認識で鉄道現場のDXを推進〜

お知らせ

プレスリリース

音声によってあらゆるシチュエーションでのチームの成長を促す「Team Growth Platform」を提供する株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役 宮坂貴大)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)とJR東日本スタートアップ株式会社が主催するビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム2020」に協業企業として採択されました。BONXを活用した、鉄道現場のDXを推進していきます。

■JR東日本スタートアッププログラムとは
2017年度よりJR東日本が開始した、ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したオープンイノベーションプログラムです。
詳細:http://jrestartup.co.jp/program/

■協業内容
ハンズフリーのコミュニケーションと音声認識が可能なグループ通話ソリューションを活用することで、鉄道車両メンテナンス現場における業務の効率化・安全性の向上を目指します。具体的には、鉄道メンテナンス時の作業記録のツールとBONXを繋ぎこみ、音声での作業記録の入力を可能にし、作業工数の削減を図ります。

■プログラム参加のねらい
社会インフラとしての鉄道事業に貢献できる機会があれば是非協力したいと考えておりました。この度、BONXによって可能となる「シームレスな音声コミュニケーション」と「音声認識の活用による生産性向上」という、2つの側面にJR東日本様にご期待頂き、本プログラムに参加をしました。

■今後について
採択された協業内容は、11月26日に開催される「DEMO DAY(発表会)」にて発表されます。

BONX for BUSINESSお申し込み

こちらの必要事項をご記入の上、お申込み頂ければすぐにトライアルを開始頂けます。
35日間は完全無償でテスト頂くことが可能です。

BONX for BUSINESSをどこでお知りになりましたか?
想定のご利用人数
その他ご検討中のコミュニケーションツール

登録が完了しました

ご登録ありがとうございました。
必要なログイン情報は登録いただいたメールアドレスに
お送りいたしますので、そちらをご確認下さい。

30分以上待ってもメールが届かない場合は、
こちらより弊社までお問い合わせ下さい。