fbpx

業務用無線機とは?特徴から分かるメリット・デメリットや注意点まとめ

Blog

トランシーバーの種類は「特定小電力トランシーバー」、「業務用無線機」、「IP無線機」にわける事ができます。その中でもパワーがあり通信距離が長いトランシーバーといえば業務用無線機ですが、一体どのような特徴があるのか気になりますよね。そこで今回は業務用無線機について徹底的に解説していきたいと思います。記事の最後には業務用無線機に代わる新しいサービスもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

業務用無線機とは?

業務用無線機

業務用無線機とは別名「簡易業務用無線機」といい、特定小電力トランシーバーより広範囲で使えるトランシーバーです。トランシーバーとしてはパワーがありますが、使用の際総務省に「無線局免許状または登録状」の提出が必須となっています。そのため特定省電力トランシーバーやIP無線と違って使うハードルが高いのがデメリットです。業務用無線機は大規模なイベントやサービス業で使われるため使い道は多いと言えるでしょう。

業務用無線との違い

業務用無線とは警察や消防、タクシーなど仕事の現場で使われる無線の事です。電気通信事業者が提供している公衆に提供している携帯電話・PHS以外のほぼ全ての無線を指しますが、主な種類としては以下のようなものがあります。

・警察無線
・消防無線
・防災無線
・鉄道無線
・船舶無線
・航空無線
・空港無線電話
・タクシー無線
・一般業務無線

このように多くの種類があります。しかし業務用無線はあくまで業務用の情報伝達のための専用無線であり、携帯電話・PHS等を除き電気通信事業者が公衆に提供するほぼ全ての無線のことです。
つまり業務用無線はあくまで業務上のコミュニケーションで使われる無線をいい、業務用として使われる「無線機」でないことが分かります。

業務用無線機の特徴

業務用無線機 イベント

業務用無線機の特徴①パワーがある

前述の通り業務用無線機は出力が大きく、障害物があっても問題なく通信できる強みがあります。コミュニケーションが必要とされる現場において安定性が高く、会話が途切れる心配がないのは大きなメリットですね。

業務用無線機の特徴②通信距離が長い

業務用無線機は〜5kmまで通信することができます。また業務用無線機は障害物に強く、遮蔽物がある場所でも問題なく通信することができるので、人やものが多いイベント会場・ホテル内での使用にもってこいですね。

→トランシーバーの通信距離はタイプにより異なる【伸ばす方法も紹介】

業務用無線機の特徴③混信しづらい

トランシーバーを使う上で心配なのが「傍受」や「盗聴」のリスクですよね。業務用無線機はその仕組み上混信しづらく、会話の内容が誰かに聞かれる心配がありません。ただ混信のリスクはゼロではないため、混信をどうしても避けたいのであればチャンネルが空くのを待つ・空きチャンネルを探すのがベターであるといえるでしょう。またトランシーバーが繋がらない時の対処法はこちらのページをご覧ください。

業務用無線機の注意点

業務用無線機の注意点①登録が必要

業務用無線機を使うには免許が必要です。レンタルであれば業者が事前に申請してくれているので手間が省けますが、自分で使う場合は無線機を使う地域の総合通信局へ申請を行います。また免許の有効期間は申請日から5年であり、その度に更新・更新料の支払いをしなくてはいけません。費用と手間がかかるのがデメリットですね。

業務用無線機の注意点②高額である

業務用無線機はパワーがありますが、その分機器にかかる費用は他のトランシーバーと比べて高いです。予算に余裕があるなら良いのですが、業務用無線機はまとめて購入するケースが多いので、初期費用が嵩むというデメリットがあります。また修理のたびに費用が掛かってしまいます。

→欠点だらけ?トランシーバーに潜むデメリットを種類別に解説【インカムも】

手軽に通話したいならBONX WORKがおすすめ!

BONX WORKの特徴①免許の申請や登録が必要ない

業務用無線機は免許の申請・登録が必要ですが、BONX WORKはアプリをお使いのスマホに入れてBluetoothでイヤホンマイクと接続するだけでその日から使うことができます。登録の手間が省けるだけで使いやすさが全然違いますよね。

BONX WORKの特徴②どこにいても繋がれる

BONX WORKはインターネットで接続するためインターネット環境下であれば通信距離に制限がなく、日本のみならず世界中どこにいても相手とコミュニケーションを取ることができます。
無線ではないため建物内の障壁や階層による通信障害の心配もなく常時クリアな音質で繋がることが可能です。

BONX WORKの特徴③さまざまなプランがある

BONX WORKは手軽に始められるスタンダードプランから様々な音声データ機能が活用できるプロフェッショナルプランが用意されています。さらに現在運用されている既存システム(CRM・在庫システム・SFAなど)とのデータ連携できるカスタマイズ機能「BONX +」やセキュリティ強化に適したオプションプランを選択することが可能です。
またサブスクリプションプランもあるため初期費用を抑えて導入したい人にもおすすめです。詳しく知りたい方はぜひこちらのページからご覧ください。

→無線機を業務活用するなら業務用トランシーバーがおすすめな理由と「BONX WORK」という選択肢

まとめ

今回は業務用無線機や業務用無線機に代わる新しいサービスについて解説しました。業務用無線機は出力が大きくさまざまな場面で活躍するというメリットがありますが、同時に免許が必要という使いづらさも存在します。ですが「BONX WORK」であれば業務用無線機のデメリットを解消しつつコミュニケーションを簡単に取ることができるのです。もし業務用無線機の使用をお考えの方がいらっしゃったら、ぜひ一度「BONX WORK」のご利用を検討してみてください。ここまで読んでいただきありがとうございました。

→業務用IPトランシーバーの選び方を徹底解説【購入方法もご紹介】