SHIPS OUTLET 御殿場店店長 澤野様・情報システム部 梅野様

100坪の広さがある店内で、スタッフ同士のコミュニケーションをスムーズに

Case study

トラディショナルな要素を今日的な形で表現した“STYLISH STANDARD”をコンセプトに時代を感じながらも、こだわりのスタイルを提案しているSHIPSでの導入事例をご紹介します。今回は「SHIPS OUTLET 御殿場店」でお使い頂いている様子をお伝えします。距離のある店舗内にて、スタッフ同士が離れてしまうことによる情報の伝達に課題がありました。100坪の広さがある店舗を少人数で効率よく回すために、BONXを導入しています。

広い店内で、スタッフとのコミュニケーションがスムーズに

インターネット通信を使っているので通信距離は無制限です。BONXを使えば広い店内でも常時接続で、離れていても隣にいるかのような感覚ですぐにコミュニケーションが取ることができます。BONXの導入前は、スタッフの呼び出しや、コミュニケーションを取るために店舗内を動き回る必要があり、それが負担になっていました。広い店舗を少人数で運営していこうと思うと、店舗内を移動する時間を減らしたほうがいいですよね。BONXを導入したことにより、スタッフ間のやり取りが簡単になり、これまで以上に余裕が生まれ、お客様に目を配ることができます。お客様対応に時間を使うことができるので、お客様には快適なショッピングを楽しんでいただけます。BONX独自の発話検知機能により、話すだけで通話を開始できるので洋服を畳んでいてもすぐに会話をスタートできます。

SHIPS OUTLET 御殿場店 店長|澤野 伸太郎様

「BONX導入の経緯は、店舗オペレーションを少ない人数でより効率よく回すために、スタッフと離れていても会話できるようにしたいと思ったのがキッカケでした。具体的にはレジフォロー、商品フォロー、フィッティングフォロー等、距離があり、会話ができない場面がBONXによって解消されました。」

SHIPS 情報システム部|梅野 春香様

「ストック内と店頭のコミュニケーションや、店頭に出ているスタッフが、全員接客についてしまった時や、ストックルームの中にいる人を呼ぶ場合に課題がありました。フロントとバックヤードを行ったり来たりしていたことを解消するためにBONXの検討を始めたと聞いています。少人数のスタッフで店舗を回すために、BONXを活用してコミュニケーションがスムーズになったということを実際に聞いています。店舗の数がかなりあるので、他の店舗にもBONXを広めていきたいと思っています。フロアが何階かある店舗のお話も頂いているので、今後どのように使えるか確認して導入を考えたい思っています。」

SHIPS OUTLET 御殿場店