【介護×DX】介護の現場が抱えている課題をDXで解決する

Blog

深刻な人手不足に陥っている介護業界。労働に見合わない賃金の低さや労働環境などの問題などその深刻さはもはや社会問題だと度々メディアで取り上げられています。その一方で少子高齢化が進む
日本では今後、介護の需要が大きく増加するだろうという見通しから、介護業界でもDX(デジタルトランスフォーメーション)をどうにか活用できないかと研究がなされているのも事実です。そこで今回は介護の現場における課題と、DX活用でその課題をどのように対処するかについて解説していきます。

介護の現場がイマ抱えている課題

まず介護の現場で実際に起こっている問題について押さえておきましょう。ここでは一番問題視されている「人手不足」や介護特有の「事務作業の煩雑さ」2つをご紹介します。

①深刻な人手不足

介護の現場では「深刻な人手不足」が最も問題視されています。その原因はやはり日本が少子高齢化社会であるという事実があるからです。そしてこの少子高齢化は「2025年問題」や「2035年問題」といった国を主体とした社会問題にも発展しており、その影響を直に受けているのが介護業界。高齢化により介護を必要とするお年寄りは増える一方、少子化により介護職のスタッフが減っていくという需要と供給のミスマッチが起きているのです。また介護職のスタッフが足りていない理由として他には、介護は精神的・肉体的に負担がかかる職業になのにも関わらず賃金が低い、採用条件が厳しい、人間関係の悩みが多く離職率が高いなど労働環境にも問題があります。

②事務作業が複雑で、残業が多い

介護の現場では介護者の記録や介護スタッフの勤怠、会計情報や給与計算など事務作業が非常に多く、必然的に残業が多くなりがちだと言われています。またその作業は紙で行われることが多く、書類の作成や提出、管理などが煩雑化しているのが現状です、その結果記入漏れや書類の不備といったミスに多くの時間を取られてしまうことに繋がっているのです。こうした労働環境の複雑さも先述の人手不足を引き起こしているとも言われているのです。

なぜ介護の現場でDXを活用すべきなのか

介護の現場でDXを活用すべき理由は「労働環境の改善」が見込めるからです。現状少子高齢化が進む日本では高齢者の割合が増える一方、介護職員が不足しています。その背景には国の実情はもちろん、介護業界は精神的・肉体的に厳しいイメージがあるのも事実です。こうしたイメージを払拭しDXの活用で労働環境を改善できれば、介護業界のイメージアップ、そして現場の人手不足解消にかなり近づくと言われています。さらに今後は介護の需要がより増加すると予想されており、もはや介護業界がDXを活用しない手はないでしょう。DXについてもう少し詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。

DXを活用すれば介護の現場はこんなにも変わる

実はDXと介護は非常に相性が良く、DXは介護の現場特有の課題を解決してくれる糸口になると言われています。DXを活用すれば介護の現場はどのように変化するのか、今から3つご紹介します。

①IoT機器の導入で人手不足を解消

IoT(Internet of things)とはモノのインターネットと呼ばれ、モノがインターネットを経由して通信することを指します。そんなIoT搭載した機器を介護の現場で導入すれば、スタッフの負担軽減が期待できると言われています。例えば見守り機能を搭載したIoT機器を活用すれば、高齢者の状態を遠隔でも確認可能に。特に人手不足が深刻な夜の時間帯で、この見守りIoTは役立つと期待が高まっています。一昔前までこうした見守りシステムは、身近に介護できる人がいない在宅介護向けのサービスでしたが、介護業界の人手不足解消のため、最近では介護施設に焦点を当てたサービスが増えています。このように介護業界の人手不足解消にIoT製品は役立っているのです。

②システム採用で事務作業を簡易化

従来紙やエクセルで行われていた煩雑な事務作業を、自動化・システム化できるDXを導入できれば業務のペーパーレス化が加速し、作業の効率化が可能になります。さらに場所や時間に縛られることなくデータの確認や共有が可能になり、情報の漏洩や紛失といった危険性を減らすなど、利用者の個人情報を扱う介護の現場ならではのメリットも期待できます。介護の現場では常勤ヘルパーや登録ヘルパー、事務スタッフなどの間で賃金が異なるので、給与計算が煩雑になりがちです。またこういった事務作業は手作業で行うことが多いため、余計なミスに時間を取られてしまうことも。DXを導入することで事務作業の時間を短縮させ、利用者により良い福祉サービスを提供することが可能になります。

③介護ロボットはコロナ対策にも効果アリ

介護の現場に介護ロボットを導入できれば、介護業界の人手不足の解消に大きく近づくことができるだけでなく、利用者と非接触での介助が可能になるため、新型コロナウィルスへの対策も期待されています。しかし各業界でこうした非接触や遠隔のサービスが取り入れられている反面、介護ロボットは完成次第すぐに導入というわけにはいかないのが難しいところです。その背景には介護施設や在宅でそのロボットを使用し検証を重ねる必要性があります。また利用者側の「人間でなくロボットに介助してもらう」という精神的な違和感もあり、実現はもう少し先の話だと言われています。導入には時間がかかるものの、人手不足とコロナ対策を同時に解決できる画期的なDX技術だと言えそうですね。

まとめ

いかがでしたか?今回は介護の現場における課題と、DX活用でその課題をどのように対処するのかについて解説しました。国内の少子高齢化などが原因で介護業界の先行きが不安になる中、様々なデジタル技術の応用で介護業界に追い風が吹いているのも事実です。介護業界の未来はこのDX推進にかかっているといっても過言ではないでしょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

BONX WORKについて

弊社では「BONX WORK」というサービスを提供しています。離れた場所でもBONX純正イヤホンと専用のアプリ、インターネット環境があれば離れた場所でもハンズフリーでやり取りが可能になります。この機会にぜひ一度「BONX WORK」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。詳しい機能や料金プランなどはこちらのHPからご確認ください。