fbpx

業務用IPトランシーバーの選び方を徹底解説【購入方法もご紹介】

Blog

無線機の利用中に音声がノイズでかき消されたり、通信が不安定で重要事項が伝わらなかったり、業務に支障をきたす通信トラブルにストレスを感じている人も多いでしょう。
近年多くの企業では電波ではなくインターネット回線を使った通信手段にシフトする動きが見られます。中でも業務用IPトランシーバーはまさに国内外で注目を集めている通信機器の一つ。
無線機やトランシーバーの通信トラブルを根本的に改善してくれるこの業務用IPトランシーバーですが、多種多様なタイプがあり違いを見分けるのは難しいですよね。
この記事では業務用IPトランシーバーの特徴や種類、選び方に加え購入方法まで分かりやすく解説したいと思います。

業務用IPトランシーバーとは

IPトランシーバーイメージ

業務用IPトランシーバーは携帯電話会社のインターネット回線を経由することで、従来の無線機と同じように複数人と通信を行う機器のことです。
Wi-Fiやデータ通信が繋がる場所同士であればどんなに離れていたとしても利用でき、日本の裏側の国ブラジルとのやりとりも可能。また携帯電話さながらの音質と安定した接続が特徴です。
そして電波干渉や傍受などセキュリティが不安視される無線とは異なり、音声をデータ化するため安全性にも長けています。
業務用IPトランシーバーは2014年に大手キャリアより法人向けIP無線機としてリリースされて以来、市場拡大の流れが止まることなく多くの企業に導入されています。

→無線機にも3種類!購入前に理解しておきたい種類別の特徴とは!?

業務用IPトランシーバーの特徴

通信距離イメージ

セキュリティが強固

業務用IPトランシーバーはインターネット回線を経由する際に音声が暗号化されるため、無線と比べて混信や傍受の影響を受けにくいのが特徴です。
セキュリティをより強固にするために機器によってオプションや対策が施されている場合があります。

同時通話・多重通話が可能

同時通話や多重通話ができるのも業務用IPトランシーバーの魅力。従来の無線機では一方しか音声を発信できず、会話が被ってしまうと通信が一時中断してしまうことが普通でした。
一方業務用のIPトランシーバーは複数と同時会話ができ、緊急連絡時に割り込んで話すことも可能です。緊急の要件を遮断されることもなくグループで快適な通話が行えます。

距離無制限

現場イメージ

携帯キャリアの回線を利用したデータ通信のため、携帯電話が使えるエリア内なら全国どこでも利用可能です。
従来の無線機やトランシーバーは通信距離に制限があり、出力の強さやタイプによって距離が異なります。

トランシーバーの通信距離はタイプにより異なる【伸ばす方法も紹介】

免許取得や登録が不要

業務用無線機や簡易無線機、アマチュア無線機は一台ごとに免許局に免許の申請や登録が必要になってきます。
しかしIPトランシーバーや特定小電力トランシーバーは免許不要で誰でも利用することができます。

→免許不要で持てる高出力トランシーバーはない【遠くまで通信できる無線機を紹介】

支払いは月額制

業務用IPトランシーバーはパケット通信を行うため端末の利用料とは別に毎月の通信料がかかります。
月額料金が発生しますがほとんどが定額制のため、どれだけ使用してもかかる費用は一定です。通信費・端末ともにサブスクリプションを採用している業務用IPトランシーバーもありますよ。

業務用IPトランシーバーが選ばれる理由

チーム連携イメージ

チームにとって最適な環境作り

業務用IPトランシーバーは快適なグループコミュニケーションを図るツールとして世界各国の企業から選ばれています。
効率性・利便性を重視される時代の中で通信障害は大きな欠点となり、企業ごとにチームワークに差が生まれる要因の一つです。
チームの連携が必要なデスクレスワーカーの通信環境を整えるためにも無線ではなくインターネット回線の利用は避けて通れないのではないでしょうか。
医療・介護サービス・建築現場など、正確な情報共有、安全確認が欠かせない現場ではすでに浸透しつつあります。
また業界問わずデスクレス社員を抱える企業の間で注目されており、職種ごとに適した活用方法が何通りもあります。
業務用IPトランシーバーはチームのための環境作りに必要なツールとして選ばれているのです。

グループ通信を最適化することで各々が役割を瞬時に理解し行動に移すことが可能になります。

→IPトランシーバー【BONX WORK】 導入企業の事例一覧

音声DXの導入と推進

音声DXイメージ

DX(デジタルトランスフォーメイション)の導入と推進が叫ばれる中、音声にもデジタル技術を用いた改革が進められています。
Siri(Amazon社)やAlexa(Apple社)の音声アシスタント機能に衝撃を受けた人も多いかと思いますが、現在では何の違和感もなく私たちの生活に溶け込んでいますよね。
このように将来常識となる音声DXを見極め早期の導入を検討することがビジネスモデルの改革につながり、時代の変化に適応することができるのです。
業務用IPトランシーバーは人員の負担を軽減するために必要な音声DXだと考えます。そのため接客サービスの向上や業務効率化など大きな相乗効果が得られると言えるでしょう。
先進技術を積極的に導入することでグローバルビジネスの波に乗り、より良い環境を作ることがDXの目的です。
市場の波に乗り遅れないためにも、音声DXによる企業全体の変革を目指し各業界でサービスと技術を向上させる必要があります。

DX(デジタルトランスフォーメーション)っていったい何?その意味や重要性、具体的な事例など徹底解説します!

業務用IPトランシーバーの種類

無線機種類イメージ

業務用IPトランシーバーは携帯キャリアの回線を利用したデータ通信により携帯電話が使えるエリア内なら全国どこでも利用可能。同時通話と第三者が割り込みできる多重通話ができます。

ハンディ型IPトランシーバー

利用時に口元に端末を近づけて通信を行うのがハンディ型IPトランシーバーです。対応の有線イヤホンマイクを取り付けて利用するのが一般的。端末を腰に取り付けて持ち運ぶことができます。

車載型LTEトランシーバー

携帯キャリアの電波を利用するIP無線機の一つ。車載型LTEトランシーバーは携帯電話用の通信回線規格であるLTE回線を利用したIP無線機の一種です。
距離無制限かつ同時通話や多重通話などの機能が搭載されており、通話できる人数に制限のないタイプも存在します。
数分の通話でペナルティタイムが発生するなどデメリットもありますが、高速の通信が必要なシーンに適しています。電波力によっては利用の際に免許が必要になる機種もあるので注意が必要です。

アプリ型IPトランシーバー

アプリ型IPトランシーバーは専用アプリをお手持ちのスマートフォンにインストールして利用する無線機のことです。
専用のイヤホンもしくは対応しているワイヤレスイヤホンとスマホをBluetooth接続し、通話時はインターネット回線を経由して通信します。
同時通話・多重会話機能の他、アプリ上で利用できる多彩なツールが魅力。スマホ操作で誰でも簡単に利用することができ、免許や登録も必要ありません。
重たい機器を持ち運ばなくても必要なのはスマホとワイヤレスイヤホンだけ!身軽に動けてコンパクトに持ち運びできます。

業務用IPトランシーバーの選び方

トランシーバー選び方

セキュリティ対策

従来の無線機・インカムの電波通信と比べ音声をデータ化したIP/LTE無線の方がセキュリティは高いと言えます。
企業での機密事項を強固に守るため、各IPトランシーバーでは独自のセキュリティ対策に取り組んでいます。
IP無線機だから安全と思うのではなく、さらに独自の暗号化機能やセキュリティに力を入れているものを選びましょう!

重量・サイズ

重量やサイズもIPトランシーバーを選ぶ上で非常に重要な要素です。
無線機はゴツゴツしていて重たいイメージがありますが、近年では小型で軽量のワイヤレスのインカムも存在します。
ワイヤレス化はただ身軽に動けるだけではなく、事故や端末の故障防止に繋がります。
コンパクトである分、充電も省スペースでできるようになり持ち運びも非常にらくなのがメリットです。

【トランシーバーが重い】トランシーバーのデメリットと対処方

データ通信料

IPトランシーバーは携帯電話会社(NTTドコモ・au・SoftBank)のデータ通信を行うため、月額のデータ通信料がかかります。
月額料金は利用する端末によって異なりますが、ほとんどのIPトランシーバーが定額制の料金形態です。毎月どれだけ利用しても料金は加算されませんので安心して利用することができます。
サブスクリプションサービスを提供している業務用IPトランシーバーではスマホで簡単にレンタル・支払いが完結します。

独自の機能

独自機能が充実しているかも業務用IPトランシーバーを選ぶ上で重要なポイントです。
音声の質や通信距離だけでなく、そのIPトランシーバーにしかない機能やメリットを理解しておくことで選びやすくなります。
IPトランシーバーと専用アプリのどちらの機能も調べて、組み合わせることで業務を効率化できるか考えましょう。

業務用IPトランシーバーの購入方法

カートイメージ

購入

業務用IPトランシーバーを購入する場合、本体価格が無料になり月額通信料のみの支払いとなります。購入時には初回手数料や契約料が発生します。
業務用IPトランシーバー1台あたりの価格相場は80,000円〜100,000円前後です。
※携帯キャリアごとに月額通信費用が異なります。

購入の場合にかかる費用

・トランシーバー本体
・月額音声通話費用
・契約事務手数料
・専用アクセサリ(イヤホンマイク等)
・その他オプション

レンタル

業務用IPトランシーバーレンタルの価格相場は月額3,000円〜6,000円前後となっています。
プラス携帯のデータ使用料が発生しますが、イヤフォンマイクや専用アクセサリを購入する必要がないため導入コストが抑えられます。
長期契約するほど月額が安く借りられるケースが多く、業務用としては年間更新が一般的です。一方で契約期間の満了時期以前に解約すると違約金が発生するデメリットもあります。
1泊2日〜レンタルできる機器もありますが、毎日利用する場合は購入もしくは月額レンタル式のIPトランシーバーを選びましょう。

サブスクリプション

今回注目したいのがサブスクリプションサービスが利用できる業務用IPトランシーバーです。
アプリ型IPトランシーバーでは専用アプリとイヤフォンマイクがサブスクリプションで購入できます。そのため年間でまとめ購入の必要もなく違約金も発生しません。
月額料金もレンタルと比較して安く、毎月600円〜1,000円前後で利用可能です。
ハンディ型や車載型のトランシーバーとは異なり、機器本体はスマートフォンであるため最低限必要なのはイヤホンマイクのみ。またイヤホンマイクは購入・レンタルのいずれかから選べます。
まずはサブスクでレンタルして、気に入ったら購入してみるのも良いでしょう。

トランシーバー導入のコストは高い?かかる費用とおすすめの機種について徹底解説します。

業務用IPトランシーバーよりおすすめしたいBONX WORK

BONX WORKはチーム全体の成長を促進することを目的に開発されたグループトークプラットフォームです。
専用アプリBONX WORKと純正イヤホンを組み合わせることで、音声コミュニケーションを強化する次世代のスマホ型IPトランシーバーとなります。
BONX WORKプロフェッショナルプランの機能についてご紹介します。

BONX WORKプロフェッショナルプランの機能

発話検知機能

発話検知機能はBONX WORKならではの強み。音声を自動検知してくれるため、ハンズフリーで通信を行うことが可能です。
従来の無線機・インカムのように作業中にボタンを押す必要もありません。
通信中以外はデータ通信料が発生しないため、他の通話アプリと比べて大幅にパケット通信量を削減できます。
迅速かつ正確でタイムリーな通信へ。BONX WORKの発話検知機能があらゆる現場で活用されています。

万全なセキュリティ対策

グループごとの管理コンソールでアクセス権限の設定が可能。利用ログの確認などセキュリティ面での不安を解消する機能が搭載されています。
セキュリティの管理業務を徹底することが信頼へと繋がっています。
音声がデジタルに暗号化されるため傍受しづらい通信を実現。無制限にチャンネルを作れるため混信の心配もありません。

ルーム接続人数上限最大50人

BONX WORKのプロフェッショナルプランでは最大50名の同時通話・多重通話を行うことができます。
幅広い制限を設けることで多くのデスクレス社員を抱える企業や施設に対応しています。

ユニットトークが可能

複数のルームの状況を確認できるユニットトーク機能が搭載されています。
それぞれのチームに話しかけたり会話を聞くことで状況を一瞬で確認・把握できるのが大きなメリットです。秘密性の高い内容に関しては個別や数名でのチャット&トークが可能。チームの連携を深め全体の統率力が高まる効果が期待できます。

チャット・音声メッセージ・読み上げ機能

トークルーム内ではチャット・音声メッセージ・画像の共有が可能です。チャットメッセージを音声で読み上げるため、アプリを確認しなくても情報が届きます。

文字起こし機能

通話内容を記録・保存することで聞き逃しを防ぎ、再確認にも役立ちます。
その他議事録や日報の作成などに非常に便利な機能です。音声データの活用によって、正確かつ精密な情報をまとめることができるのです。

BONXの文字起こし機能で業務がどのように効率化するかを教えます【業種別】

BONX WORKアプリと純正ハードウェアはサブスク可能

BONX WORKでは用途に応じたサブスクリプションプランを用意しています。
月額962円のスタンダードプランから始めていただくことも可能ですが、業務用として利用するなら音声データ機能が使えるプロフェッショナルプランがおすすめです。
純正ハードウェアは購入とサブスクリプションのいずれかを選択することができます。
サブスクリプションではBONX WORKアプリと純正ハードウェアが定額制となっており、毎月決まった料金を一括で支払うことが可能です。経費管理を簡略化できるだけでなく、契約期間の手続きや更新、オプションの追加等、自分で行えるのも大きなメリットです。
長期間利用する場合は純正ハードウェアの購入、もしくは純正ハードウェアとセットでサブスクリプションを検討しましょう。

BONX WORKの料金プランを見る

スマホ型IPトランシーバーでコミュニケーションを円滑化

都市とネットワーク

従来の無線からIP通信へと変わりゆく中で誕生したのがスマホ型IPトランシーバーです。
スマホ型IPトランシーバーは携帯電話と同等の性能を持ち、業務効率を促進する機能が揃っています。距離無制限の通信や多重同時通話はこれまでの無線機では考えられないことですよね。
今回ご紹介したBONX WORKは、発話検知機能や音声メッセージ、テキスト読み上げ機能といった音声のデータ化に強みを持っています。
つまりコミュニケーションの選択肢が多い分、緊急度や優先度に応じたやり取りができるのです。
ワイヤレスイヤホンならではのタイムリーな情報共有とデジタル技術を用いてコミュニケーションを円滑化します。
アプリケーションと純正イヤホンはサブスクリプションでお試しいただけますので、この機会にぜひ実用してみてはいかがでしょうか。