IP無線とは?初心者に向けて解説!

Blog

現在様々な業界で利用されているIP無線。
ですがこれまでの無線システムとIP無線がどのように違うのか分かりづらいですよね。
そこで今回は、IP無線について初心者向けに詳しく解説していきたいと思います。

IP無線とは

IP無線とは、無線と携帯電話のメリットを併せ持つ新しい無線システムです。携帯電話の回線を利用する事で、国内の携帯電話が繋がる全てのエリアで通信が可能となります。例えるなら、無線機と携帯電話を合体させたようなものでしょうか。
そのため従来のトランシーバーなどの無線機と同様に複数人に音声を共有する事ができます。
また費用が安く済むメリットがあるので、様々な業種で使われています。

IP無線のメリット

ここまで読んで頂いた方はIP無線の特徴を分かって頂けたかと思います。
ここからは、IP無線のメリットについて見ていきましょう。

IP無線のメリット①通話距離が長い

トランシーバーなど、これまで使われてきた無線機は通話距離に制限があります。その距離は長くても1km~数km。大規模な工事現場などでは使いにくいというデメリットがあるのです。
しかしIP無線であれば携帯電話の回線が使える場所ならどれだけ遠くても通信できます。

IP無線のメリット②通信が安定している

建設現場ではビルや障害物が多いため、従来の無線機では通信が安定しない事が多くあります。この問題は中継器を置く事などで解決できますが、投入コストが掛かるという新たな問題も。
IP無線なら特定のIPアドレスに音声を直接送信しているので、障害物の影響を受ける事がありません。
また無線機にありがちな他回線と混ざるトラブルも起こらないので安心です。

IP無線のメリット③秘匿性がある

これまでの無線機では相手に通話を聞かれてしまう可能性があるというデメリットがありました。しかしIP無線は高いセキュリティを誇るため、盗聴される心配がありません。業務連絡が安心してできるのは、大きなメリットと言えますね。

IP無線のデメリット

良い点が沢山あるIP無線ですが、一方でデメリットや注意点もあります。
IP無線のデメリットはどのようなものなのでしょうか。

IP無線のデメリット①通信料がかかる

IP無線は携帯電話の回線を使用するため、通信料はどうしても掛かってしまいます。相場は1台につきおおよそ1800~2000円/月ほど。一般的な携帯電話の料金ぐらいであると考えた方が良いそうです。
また短期の利用であれば、レンタルする方が費用を抑えられる場合もあります。

IP無線のデメリット②場合によっては繋がりにくくなる事も

災害時など、多くの通信が発生する状況ではIP無線が繋がりにくくなる事が多くあります。
またトンネルや山の中など、インターネットが繋がらない場所ではIP無線も繋がらなくなってしまいます。
事故や災害時など緊急事態などに対応しづらいのがデメリットと言えます。

IP無線の導入例

ここまでIP無線について解説してきましたが、どのような場所で使われているのでしょうか。
導入例を見ていきましょう。

IP無線の導入例①建設現場

建設現場では障害物が多くあり、また建物の中で通信を行う場合もあります。これまでの無線機であれば通信が届かなくなるケースもありましたが、IP無線を使えばそれらの問題が解決されます。IP無線の利用にうってつけの場所だと言えますね。

IP無線の導入例②大規模なイベント

マラソン大会やコンサート会場など、広い場所で尚且つ多くの人が集まるイベントでは多くのスタッフを動員する必要があります。また通話距離も長くなりますね。
そんなシチュエーションではIP無線の通話が安定しているという特徴が活躍します。また他の人に聞かれる可能性もありません。

まとめ

今回の記事をまとめると、以下のようになります。

・IP無線は通話距離が長く、また音質が安定している上に秘匿性がありセキュリティも高い。
・その一方で通信料が掛かる・繋がりにくくなる事があるデメリットも。
・IP無線は建設現場や大規模なイベントで使われている。

この記事を通してIP無線について知識を深めて頂けたのなら幸いです。
またテクノロジーの発展に伴い、IP無線の活躍する場所はこれからも増えていくと考えられます。無線機の導入を考えている方は、これを機にIP無線を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。