インカムコードが邪魔な時の対処方【コードレスのインカムも紹介】

Blog

声が届かない範囲にいる相手ともリアルタイムに情報共有する事ができる「インカム」は飲食店や工場、工事現場やイベントなどで広く活用されています。しかし、インカムのコードが邪魔で使いにくいと感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
インカムのコードが長いと、障害物などに引っかかってしまい「断線」してしまう原因となってしまうこともあります。また、仕事の妨げにもなってしまいますよね。
そこでこの記事では、インカムのコードが邪魔なときの対処方についてわかりやすく解説していきます。記事の最後にはおすすめのコードレスで利用することができる次世代のインカムもご紹介。ぜひ最後までご覧いただき参考にしてください。

インカムのコードが邪魔なときは「イヤホンクリップ」がおすすめ

インカムのコードが邪魔なときに活躍するアイテムがあります。それが「イヤホンクリップ」です。イヤホンクリップを使う事で、
・コードの長さを調整出来る
・インカムの故障を防ぐことができる
・タッチノイズを軽減できる
・収納するときにも活躍する
このような恩恵を受けることができますよ。それぞれ詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

特徴①:コードの長さを調整出来る

イヤホンクリップを使えば、インカムの長くて邪魔なコードも簡単に巻き取ることができ、自由自在にコードの長さを調節することができます。インカムに付随しているコードが長すぎて邪魔と感じている場合、イヤホンクリップを使いコードの長さを調節することで解決可能です。

特徴②:インカムの故障を防げる

インカムが故障してしまう原因として多いのが「断線」や「接触不良」ですよね。断線や接触不良になってしまう原因として、やはり長すぎるコードが引っかかってしまったという事が多いかと思いますが、イヤホンクリップを使いコードの長さを調節することでインカムの断線や接触不良を防ぐことができます。

特徴③:タッチノイズを軽減できる

タッチノイズとはインカムのイヤホンコードなどが服に触れた際に、「ガサガサ・ゴソゴソ」という音がコードを通じて耳まで伝わってくることを言います。これも、インカムの付随しているコードが長すぎることが原因になっている場合が多いです。
しかし、イヤホンクリップなどで上手く長さ調節を行い、コードが服などにあたらないよう工夫することでタッチノイズを軽減することがでできます。

特徴④:収納するときにも活躍する

インカムの長すぎるコードは利用するときのみならず、収納する際も邪魔になってしまいますよね。しかし、イヤホンクリップがあれば、収納する際にもインカムの長いコードを巻き付けて短くすることができ、次回使う際に絡まらない状態にしておく事ができますよ。

イヤホンクリップで邪魔なインカムのコードを調整する方法

イヤホンクリップを使ってインカムのコードを調節する方法はとても簡単です。まず、インカムのコードをちょうど良い長さまで束ね、イヤホンクリップへ挟み込みます。その後、イヤホンクリップを洋服などに装着すれば簡単にちょうど良い長さにコードを調節することができますよ。

「8の字巻き」をマスターすれば邪魔なインカムのコードに対処できる

テレビ局やラジオ局などでも活用されている「8の字巻き」はコードが絡まらない方法として有名です。8の字巻きを覚えれば、インカムの長いコードもすっきりと収納することができますよ。
8の字巻きは、人差し指と小指に「8の字」を描くようコードを巻いていき、ケーブルの長さが残り10cm程度になったら、8の字の中心部分に残ったケーブルを巻き付け、端子部分小指部分に通す事で8の字巻きが完成します。
しかし、文字だけだとイメージしづらいですよね。こちらのYouTube動画で8の字巻きのやり方が詳しく解説されているので、ぜひ参考にしてください。

インカムのコードが邪魔だと感じるなら「BONX WORK」がおすすめ

正直イヤホンコードってとっても邪魔ですよね。少し動くと引っかかってしまったり、知らない間に断線してしまったりとあまり良いイメージを持たれていない方も多いかと思います。そんな方には「BONX WORK」という次世代のコードレスインカムがおすすめです。

特徴①:コードレスで利用することができる

BONX WORKはインターネット回線とBluetoothを活用した次世代のインカムです。BONX WORKなら煩わしいコードに悩まされることがなくなり、断線の心配や接触不良の心配から解放されますよ。過去にインカムを使っており、断線や接触不良に悩まされていた方には特におすすめです。

特徴②:小型かつ軽量だから目立たない

BONX WORKには「BONX GRIP」と「BONX mini」の2種類の専用ハードウェアがラインナップされています。BONX GRIPは15gでBONX miniならわずか5gです。また、サイズもとてもコンパクトに設定されており、悪目立ちしません。
そのため、飲食店などお客さまと関わる業種の方でも問題なく利用することができ、お店の雰囲気を壊すことなく利用することができますよ。

特徴③:最大7時間の大容量バッテリー

BONX GRIPは約2時間の充電で最大7時間連続通話する事ができます。また、BONX miniは約1時間の充電で約3.5時間連続通話する事ができます。さらに、BONX miniには専用の充電ケースが附帯しており、充電ケースを使う事で最大18時間も利用することができますよ。BONX WORKなら1度の充電で長時間利用することができるため安心ですね。

特徴④:定額で使う事ができ、導入コストがかからない

インカムを導入しようと思った時に、通常であれば本体を購入したり、場合によって免許を取得したりと多くの「導入コスト」が必要になってきます。しかし、BONX WORKであれば毎月定額で利用することができる「サブスクリプションサービス」のため、導入コスト不要で利用できます。
【ハードウェアの販売価格】
BONX 販売価格
【ソフトウェアプラン】
BONX プラン
【ハードウェア込のサブスクリプションプランの場合】
BONX サブスクリプションプラン 料金
BONX WORKの利用料金についてもっと詳しく知りたい方は下記ページを参考にしてくださいね。
BONX WORKの利用料金について詳しくはこちら

まとめ

この記事ではインカムのコードが邪魔なときの対処方について詳しく解説させていただきました。結論、インカムのコードが邪魔なときにはイヤホンクリップを使うのがおすすめです。また、無駄なコストを払いたくない場合、「8の字巻き」を覚えることで、コードを絡めることなく綺麗に収納することができます。
また、コードが邪魔だと思われている方には初めからコードのついていない「BONX WORK」もおすすめです。この機会にBONX WORKへのお乗り換えをご検討されてみてはいかがでしょうか。