インカムとは?インカムについて詳しく解説!

Blog

イベントや大規模な施設で活用される事の多いインカム。ですが、インカムと聞くと小難しいイメージがありますよね。
インカムとは何か?特徴は?メリットは?どのような場面でインカムが使われるのか?
そんな疑問を、今回の記事で解決していきたいと思います!

インカムとは

インカムとは、正式名称を「インターコミュニケーションシステム」と言い、無線機器の一種です。ヘッドフォンとマイクが一体化した機器で、敷地内や施設内で複数人と連絡を取り合う事ができます。
トランシーバーなどの他の無線機と違い、送話者と受話者が同時に会話する事ができるという大きな特徴があります。
またトランシーバーを含めてインカムと呼ぶ事も。

インカムのメリット

インカムの特徴はこれで分かりましたが、具体的にどのような点が良いのか、分かりづらいですよね。
ここではインカムのメリットを見ていきましょう。

インカムのメリット①通信料が不要

インカムはIP無線機とは大きく異なり、電話の回線を使用しないので基本的に通信料がかかる事はありません。
インカム本体の購入さえすればその日に使えるので、掛かる費用をぐっと抑える事ができます。大きなメリットと言えそうですね。

インカムのメリット②回線の混雑がない

インカム同士で直接やり取りするので、電話回線の状態に左右される事なく使用する事ができます。緊急事態などの場面では回線が混雑する事が考えられますが、どんな時にも使う事ができるのは助かりますよね。

インカムのメリット③シンプルな操作

インカムは基本的に音声の送受信の機能しかないので、ボタン一つ押すだけで情報を共有することができます。
手軽さと簡単な操作がメリットの一つと言えそうです。

インカムのメリット④ハンズフリー

一般的にトランシーバーなどの無線機はどうしても片手がふさがってしまうため、音声を聞きながらの作業が難しいのです。
しかしインカムであればヘッドセットとマイクが一体化しているため、常に両手が空いた状態でいる事ができます。

インカムの活用例

インカムのメリットがわかりましたね。
次はインカムの活用例を見ていきましょう。

インカムの利用例①コールセンター

コールセンター業務の場合、1日に数百件電話を掛ける事もあります。そんな時にインカムを使えば簡単に発信する事ができるので、一つ一つの作業の手間が省けます。
またPCを使った作業も行えますね。

インカムの活用例②イベント会場

インカムに限らず、トランシーバーが活躍する場所として大規模なイベント会場が挙げられます。特にインカムの場合、両手がふさがらないので何か作業をしながらでも相手からの会話に応じる事ができます。

インカムの活用例③バイクのツーリング

バイクの運転中にリアルな会話を楽しむため、インカムが用いられる事もあります。通常のインカムとは異なるのは、通信がBluetoothで行われる点です。ブラケットを用いてBluetoothの接続機本体をヘルメットの外側に装着し、スピーカーをヘルメット内部に取り付けて使用します。
ハンズフリーなので両手がふさがる心配もありませんし、安全を確保しながら会話を楽しむ事ができそうです。

まとめ

今回はインカムについて解説していきましたが、いかがでしたか?
記事をまとめると、
・インカムは通信料が不要
・電話回線を利用しないため、回線の混雑がない
・尚且つシンプルな操作で利用する事ができる
・コールセンターやイベント会場だけでなく、バイクのツーリングで使われる事も
インカムは多様な業種や趣味の場で活躍する事ができる無線機器です。広い場所で複数人での会話をしたい時にも活用できそうですね。
この記事で少しでもインカムについて知って頂ければ幸いです。