fbpx

[ホテル×DX]海外におけるDXの事例をご紹介します

Blog

コロナ禍で危機に瀕しているホテル業界ですが、そんな中でもなるべく感染を広げないような対応を試行錯誤しています。そこで海外で注目されているのがDX(デジタル・トランスフォーメーション)。デジタル技術を駆使する事で非接触型のサービスができるという考え方ですが、どのような例があるのかが気になりますよね。今回はホテルDXにおける海外の事例をご紹介します。

ホテルでDXを推進するメリットとは?

まずホテルでDXを推進するメリットは次のようなものです。

  • 更なる業務の効率化を実現できる
  • 蓄積されたデータを元手に、新たな施策を打ち出せる

これら2つのメリットに加えて音声DXを推進するとどうなるのか、解説していきます。

ホテルDXのメリット①更なる業務の効率化を実現できる

DXを推進することで雑務を減らし効率的に業務を遂行できるようになります。例えばDXによって宿泊者台帳の記入、予約状況の確認、売上の数値管理などの幅広い事務作業を一つのクラウド上で管理できるようになります。またこういったクラウドを導入し事務作業を効率化できれば、空いた時間を使って今まで以上にお客様に寄り添ったサービスの提供も可能になりますよね。このようにホテルDXはホテル業務の根幹とも言える事務作業を効率化するメリットがあるのです。

ホテルDXのメリット②蓄積されたデータを元手に、新たな施策を打ち出せる

蓄積されたデータをもとに新たなビジネスモデルや施策を打ち出せるようになることも、DXを推進するメリットの一つだと言えます。そもそもDXとは「業務の効率化・デジタル化して得たデータを生かして、新しいビジネスモデルを確立すること」でもあります。データを集めるのに時間や費用は掛かりますが、そこで得た情報をホテルサービスの向上などに生かす事ができるでしょう。またデータの蓄積・分析を繰り返しサービスやビジネスモデルを変化させる事で、他のホテルとの差別化を図る事もできます。
例えばブッキングサイト上でユーザーが予約したホテルの所在地、価格帯、部屋の特徴・機能などのデータを蓄積できれば、そのユーザーが好みそうなホテルを検索前にリコメンドとして表示するシステムへと転用することが可能です。このようにデータの蓄積によって新たな施策を打ち出せるようになることもまた、DXにおけるメリットだと言えます。

ホテルDX 海外での事例をご紹介

日本とは違う環境で、どんなDXの技術が使われているのか知りたいですよね。ここでは海外のホテル業界で注目されているDXについて3つご紹介します。

AIで顧客の疑問を解決するサービス HotelChatbot

HotelChatbotとはホテルにおいてサービスを代行するデジタル技術の事です。このHotelChatbotはアプリ上で、24時間365日サポート対応してくれるサービスです。ホテル側にはアプリからの直接予約が増えることによる売上UP、そして予約や各種手続きをアプリひとつで管理できることから顧客体験の向上が期待できます。またお客様にとっても、気軽にチャット送信ができるため不安の少ない宿選びが可能となっています。
実際に海外のホテルFour Sisters Innsでは「Whistle」と呼ばれるチャットサービスを導入。ホテルのチェックイン/アウトはもちろん、決済やカスタマーサービス、館内レストランの予約など多岐にわたる業務をこのWhistle上で完結させることが可能となりました。このWhistleはまさに需要と供給にマッチした画期的なサービスだと言えそうですね。
(参照:1. SPJ 「海外でチャットボットが成功している7つの業界」、2.Cvent 「Hotel Digital Transformation: 9 Ideas, Trends for 2022」

スマートテクノロジー搭載でホテルに新たな価値を Alibaba

お客様のこれまでのホテル体験をリフレッシュする画期的な試みがあります。例えば中国のAlibabaグループが経営する「Fly Zoo Hotel」では、テクノロジーを集結させた近未来型ホテルをテーマに運営しており、館内では顔認証システムやロボットの利用が可能です。
また室内にも「Tmall Genie」と呼ばれるスマートスピーカーが設置されており、照明やエアコンを音声で操作できます。このように海外の宿泊DXに目を向けると、最新のテクノロジーを揃えお客様に新たな価値を提供する試みもなされています。
(参照: DIGITAL SHIT TIMES 「2019年10月17日 公開中国最前線 中国・アリババの「デジタル百貨店」に行って驚いた、そのヤバい実力 日本の百貨店、復活のヒントもあった!:田中道昭氏 中国レポート」
Hospitality Netが行った室内のエンターテインメントとテクノロジーに対する調査によると以下のような調査結果が明らかとなっています。

  • 顧客の60%が部屋にいる場合に音声認識技術を使用する。
  • 68%はこうした音声認識機能がついたサーモスタットや照明制御などの室内設備をしている。

つまり音声認識技術を活用した新たな顧客体験は、海外では常識的なことになりつつあることが見てとれます。Alibabaグループが提供するこうした付加価値が、常態化する日もそう遠くないのかも知れません。
(参照: Hospitality Net 「Hotel Internet Services Unveils Survey Results Revealing New Insight into Guest and Hotelier In-room Entertainment and Voice Technology Trends」

DX推進における課題

ここまで読むと全てのホテルがDXすれば良いのでは?とお考えになるかと思います。しかしDXするには様々な壁があり、壁を乗り越えてDXできるホテルとできないホテルに分かれてしまうのです。DXにおける課題とは何でしょうか。

DXにおける課題①費用が掛かる

DXを推進するにあたって一番大きな課題が費用です。DXの技術はまだ発展途上の一面もあるため、まだまだ費用が掛かるのが現状です。またデバイスによっては数多く導入しなくてはいけない事もあるのでDXにかかる合計金額は大きなものになります。宿泊DXの一例としてホテルの予約やチェックイン/アウト、ルームキーの受け渡しなど、ホテルの業務を半自動化できるツールがあります。こういったツールは初期費用だけでも20,000円〜50,000円ほど。さらに使えば使うほど料金が発生する従量課金制度を採用していることも多いため、中長期的な視野を持って取り組むDXにおいて合計するとかなりの負担額となることが見てとれるでしょう。このようにDXの導入際しどうしても多額のコストがかかってしまうことが、DX推進の足かせとなっています。

DXにおける課題②時間が掛かる

ホテル業界においてはなるべく早くDXを取り入れて、売り上げを上げる事が最優先事項です。ですがDXはデータを集め、それを基にテクノロジーを駆使してサービスを変えていくというプロセスが必要であるため、どうしても時間が掛かってしまいます。あまり時間を掛けずにDXを推進したいという方にはここがデメリットであると言えるでしょう。

BONX WORKについて

実は時間もコストも掛けずにDXできる新たな選択肢があるのです。それが「BONX WORK」です。
これまでのトランシーバーとも違うサービスでありながら上記のデメリットを解消しつつ、DXを推進する事ができるのです。そのBONX WORKを見ていきましょう。

BONX WORKの特徴①通信距離が無制限で、どこにいても繋がる

BONX WORKはインターネット回線を通じて相手と繋がるので、回線が繋がる場所であれば世界中どこでも繋がる事ができます。例えば敷地面積の広いホテルでは、トランシーバーを使ってのやり取りが難しくなりますよね。しかしこのBONXを使用すれば、更新範囲の狭さが原因で発生していたコミュニケーションのしづらさを解消。具体的にはホテル内の違うフロアにいるスタッフを呼ぶ際、大声を出して探したり走り回る必要がなくなります。このように通信距離を気にせずコミュニケーションが取れることが、BONXの特徴の一つとなっています。

BONX WORKの特徴②コンパクトかつミニマルな設計

その圧倒的な軽さもまたBONXの大きな特徴の一つです。業務でよく使われるコミュニケーションツールといえば、トランシーバーではないでしょうか?実はトランシーバー本体は平均200g〜350gと少し重く、ホテルでお客様にサービスを提供する場合には邪魔になることが多いです。その点弊社が展開しているハードウェアはBONX Gripで約15g、BONX miniで約5gとコンパクトかつミニマルな設計になっています。そのため長時間つけていても苦になりません。このように業務のしやすさを考慮すると、トランシーバーより幾分か軽いBONXのハードウェアも候補に入ってくるのではないでしょうか?

BONX WORKの特徴③ご自身の用途に応じた適切なプラン

BONX WORKはアプリケーション、イヤホンともに毎月一定の料金を払うサブスクリプションでご利用いただけるため、どれだけ使ってもひと月にかかる料金は変わりません。DX推進には大きなコストがかかると言われている反面、月々のコストを抑えつつ上記のメリットを受けられるこのBONXは非常におすすめです。またご自身の用途に合わせたプランも各種ご用意しております。プランごとに使用できる機能・特徴がそれぞれ異なりますので、詳細が気になる方はこちらのHPからご覧ください。

まとめ

今回はホテルのDXの海外での事例をご紹介しました。HotelChatbotなどの技術を導入するホテルは増えつつありますが、導入コストの面でデメリットとなるなど、まだまだ発展途上のテクノロジーでもあります。またBONX WORKという新しい選択肢もご紹介しましたが、気軽にDXできるので一度検討してみて下さいね。ここまで読んで頂きありがとうございました。