fbpx

DX推進でホテル業界の課題を解決するには

Blog

新型コロナウィルスの影響で大打撃を受けたホテル業界。パンデミック前のホテルの建設ラッシュによりホテル業界の競争は激化すると予想されており、今後も宿泊施設では人手不足が続くと言われています。こうした課題の解決に向けてホテル業界ではDX推進の動きが活発化しています。そこで今回はホテル業界でDXが必要とされている理由や具体的なDXの取り組み、そして実際のDX導入事例についてご紹介します。

ホテル業界でDXが必要とされている理由

まずはホテル業界になぜDXの導入が必要なのか、詳しく解説していきます。「そもそもDXってどういう意味?」という方にはこちらの記事がおすすめです。

コロナ感染拡大への対応

コロナの感染拡大防止に向けてもホテル業界はDXを導入すべきだと言われています。コロナ禍で外出自粛ムードが続く中、他県へ観光や旅行をすることに悪いイメージを持つ人も多いでしょう。そうした中でも足を運んでくれるお客様に対し、観光や旅行を楽しんでもらうためにホテルでは非接触のDXの導入を検討しなければいけないのです。例えばチェックイン・アウトを全てスマホで完結できるシステムを導入したり、また東京ディズニーランド・シーの一部のホテルでは、スマホをルームキーとして使用したりと顧客に新たな体験を提供しつつ、衛生面でも感染リスクの回避に成功したDXが導入されていますよね。こういったDXの導入でホテル業界は、館内での感染リスクを極力減らし、コロナ禍でも安心・安全のサービスを宿泊客に提供できるように今後取り組んでいかなくてはならないのです。

革新的なサービス・体験を提供し競合に勝つため

コロナの影響で観光客の数は減少したものの、ホテルの建設ラッシュは進んでいます。またコロナ収束後はパンデミック前より観光の需要が増加するとも予測されています。ホテル業界は今後さらに激化する競争に打ち勝たなくてはなりません。これを実現するためにホテル業界はDXを導入し、既存のサービスではなく、新たなサービス・体験を提供し、競合との差別化を図ることが必要になってくるのです。例えば後述の「変なホテル」では人間の代わりに、館内の最先端ロボットがおもてなしをしてくれます。これは館内にDXを導入することで、「接客サービスは全て人間がするもの」という常識を打ち破ることに成功した全く新しい顧客サービス・体験だと言えますよね。このように同業他社との差別化を図り、今後増加するホテル業界への需要に対応するために、これまでにはなかった新たなサービス・体験を”DXを導入して”生み出していくというのも一つの手です。

ホテル業界の人手不足解消

ホテル業界の人手不足解消のためにも、DXの導入をしなければいけません。現在は新型コロナウィルスの影響でインバウンドは激減していますが、日本の観光業の需要の増加はそれ以前より予測されていたため、ホテルの建設ラッシュは未だ加速しているのが現状です。こうした影響もあり、ホテル業界では今後も人手不足が懸念されています。人手不足の大きな原因である少子高齢化などの根本的な問題の解決にはまだまだ時間がかかります。そこで音声通信技術を使ったDXを導入することで、すぐに人手不足を解消することができます。例えば後述のBONXのようなデバイスを使えばスタッフがどこにいてもやり取りができるため、フロア間を移動してスタッフを探し回ったりといった無駄な時間を省くことができます。つまり少人数であっても、業務を効率よく回せるようになるということです。人手不足の早期解決に向けてこうしたDXの導入がホテル業界には必要になってきます。

ホテル業界におけるDXの取り組み

ホテル業界にDXが必要な理由について紹介したところで、ここからはホテル業界で具体的にどういったDXの取り組みが行われているのかについて解説します。

感染リスクを抑えた非接触のDX

ホテル業界では非接触のDX導入も検討されています。例えば接触のリスクを減らすためスマホや専用の機械を使って非接触でもチェックイン・チェックアウトができるような取り組みもその一つです。またドアノブに触らずに、スマホのアプリを使って部屋の鍵を開ける仕組みなど、ホテル業界では衛生面でのDXの導入もなされています。コロナの影響でインバウンドは激減、国内旅行者の数も以前よりは減少したとはいえ、未だ多くの人が観光・旅行に訪れています。特に自粛ムードが強い現状では、ホテル業界は水際対策を一層強化していかなければならないでしょう。

最先端ロボットを駆使したホテル業務:変なホテル

国内外に現在20施設を構える「変なホテル」では、フロントでの受付を始めとするホテル業務を、館内の”ロボット”が代わりに行ってくれます。まさに最先端技術とホテルを掛け合わせたDXだと言えますよね。フロントでは他言語対応のロボットがチェックイン・アウトの手続きを行ったり、クロークではロボットアームが荷物を預かってくれたりと、今までの常識では考えられないほど未知のサービス・体験が提供されています。激化するホテル業界の競争に打ち勝つため革新的なサービス・体験を提供し、差別化を図ろうとするホテルが増えています。利用者に新たな体験をしてもらうために、この変なホテルのようなDXの取り組みをするのも一つの手ですね。

ホテル業界の人手不足を解消する:BONX WORK

BONX WORKというサービスがホテル業を初め様々な業界で活用されています。BONX WORKとはBONXというBluetoothイヤホンと専用のアプリを使用し、離れた場所同士での情報共有を可能にするサービスのことです。このBONX WORKを導入することで、ホテル内のどこにスタッフがいるかが把握でき、効率的に情報共有でき業務の効率化を図ることが可能になります。これにより少人数でも業務が回るようになるため、ホテル業界の人手不足の解消に効果があるとされています。少子高齢化などといった根本的な問題の解決にはまだまだ時間がかかるホテル業界。その反面、導入するだけで宿泊施設の人手不足の問題をすぐに解決してくれることは、このDXの大きな特徴だと言えますね。

ホテル業界での実際のDX導入事例

ここまでホテル業界がDX推進すべき理由と具体的な取り組みについて解説しました。最後に実際に宿泊施設でどのようにDXを活用しているのか、ここでは先述のBONXの導入事例を2つご紹介します。

導入事例①:ホテル椿野

ホテル椿野では主に料理の提供やチェックイン・アウトのときにこのBONXを活用しているそうです。BONX導入前はお客様が到着してから館内に案内するまで何号室のどのお客様がきたかどうかわからなかったとのこと。お客様一人一人、当日の宿泊プランが異なるのでお客様の情報を把握しておくことで、その後の接客の対応も大きく変わってきますよね。しかしBONX導入後は駐車場やドライバーとの情報共有が可能となり、どのお客様を今から館内にお連れするのか前もって把握できるようになり、業務がしやすくなったと言います。また内線ではスタッフの正確な位置がわからず、スタッフを見つけるのに無駄な時間がかかり業務の効率が落ちていましたが、BONXを導入することでそういった無駄な時間を省き、空いた時間をお客様との時間に使い、更なる接客サービスの向上に繋がったと話しています。

導入事例②:Bed & Art Hotel 高円寺

Bed & Art Hotel 高円寺とはアーティストは「泊まれるアート」をコンセプトに旅行客とアーティストが交流できる場を提供するアートホテルのことです。その特性上、一階のフロアでアートの展示をすることが多く、館内の至る所にあるアートを展示場に移動させるとき、このBONXを活用してフロア間でスタッフ同士でのやり取りをしているそうです。また部屋の準備ができているかどうかなどの普段の業務でもBONXを使って連携をとっています。またトランシーバーやインカムと比べ導入コストがほとんどかからない点も、BONXの魅力の一つだと語っています。コストが低いとすぐに導入に移せて嬉しいですよね。

まとめ

ホテル業界でDXが必要とされている理由や具体的なDXの取り組み、そして実際のDX導入事例についてご紹介しました。コロナ対策・人手不足・革新的なサービス・体験などのを実現のために、ホテル業界にはDXの導入が必要不可欠でしたね。コロナ終了後も競争が激化すると言われているホテル業界。今後この競争をDXでどう乗り切っていくのか注目ですね。

BONX WORKについて

弊社では「BONX WORK」というサービスを提供しています。離れた場所でもBONX純正イヤホンと専用のアプリ、インターネット環境があれば離れた場所でもハンズフリーでやり取りが可能になります。この機会にぜひ一度「BONX WORK」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
詳しい機能や料金プランなどはこちらのHPからご確認ください。