音声DXを導入しホテル業界の課題を解決する

Blog

ホテルの建設ラッシュが後を絶たない宿泊業界。少子高齢化も相まって業界の人手不足深刻化する中、音声DXを活用し少人数でもスタッフ同士で円滑なコミュニケーションが取ることで、ホテル業界が抱える人手不足の問題を解決できないかという動きが高まっています。そこで今回は音声DXの基本事項と導入すべき理由・メリット、そして音声DXの導入におすすめの「BONX WORK」という弊社のサービスについても最後にご紹介します。

押さえておきたい音声DXの基本事項

音声DXとはDXの種類の一つで、音声を使ったデジタル技術を用いて組織や企業に変革をもたらすことを指します。この音声DXにはさまざまな種類がありますが、ここでは「音声認識」と「音声通信」の2分野を紹介します。また「そもそもDXがよく分からない」という方にはこちらの記事がおすすめです。

音声DXの分野①:音声認識

まず音声認識の分野について説明します。音声認識はその名の通り、音声を認識する技術のことです。私たちの身の回りではAmazon社のAlexaやApple社のSiri、翻訳機はもちろん、後述のBONXにもカスタマイズ次第で搭載する事ができます。これらの音声認識を搭載した製品は、今日の天気の確認や挨拶といったの簡単なコミュニケーションの他にも、商品の注文や照明と連携し声だけでライトのオン・オフを操作といった我々の生活を便利にしてくれる機能を兼ね備えているのです。また音声をにテキストに変換することで、会議の内容をそのまま議事録として使用するといった用途もあります。

音声DXの分野②:音声通信

次に音声通信の分野の紹介です。音声通信とはデバイスや端末を利用し、離れた場所でもそれらを通してコミュニケーションが取れるようになるデジタル技術のことです。弊社のサービスである「BONX WORK」では、まさにその音声通信技術を搭載したデバイスであるBONXを提供しています。この音声通信技術を使えば、業務の効率化を図ることができます。例えば何層にもまたがるフロアでスタッフ一人一人と密なやり取りをするのは難しいですよね?そんな時このBONXのような音声通信技術を活用すれば、端末一つでスタッフの全体状況がわかり無駄に動き回ることもなく効率的に業務を行うことができます。

このように音声DXは我々の生活を便利にしてくれるだけでなく、普段の業務効率を向上させるデジタル技術なのです。

ホテル業界になぜ音声DX必要なのか

音声DXの基本事項をご紹介したところで、次はホテル業界になぜ音声DXの導入が必要なのかについて、ここでは「コミュニケーションの充実」を軸に解説していきます。

館内のコミュニケーションを充実させるため

ホテル業界で音声DXを導入すべき理由は、ホテル内のコミュニケーションを充実させるためです。現在はコロナの影響で観光客の足取りは減っているものの、パンデミック前には観光業の需要は増加すると予測されていたため、ホテルの建設ラッシュは未だに続いています。そのためホテル業界では今後も人手不足が続くと言われているのです。こうした課題の解決に向けて少人数でも効率よく業務を回すための組織づくりがホテル業界に求められており、そのためにこの音声DX導入して、スタッフ同士でのコミュニケーションを充実すべきだと言うわけです。この場合の音声DXとは音声通信技術の方ですね。デバイス一つでスタッフとの情報共有が可能になる利便性が、この課題の解決にマッチしていると言えます。

音声DXを導入するメリット3選

ホテル業界で音声DXを導入すべき理由は「館内でのコミュニケーションの充実させるため」でしたね。では実際に音声DXを導入するとどういったメリットがあるのか、今回は弊社が提供するBONXを実際に導入したホテル椿野さんの動画をもとに詳しく見ていきましょう。

お客様の情報を事前に共有できる

従来のホテルのシステムはチェックインの時間は決まっているものの、いつお客さまがいらっしゃるか正確な時間は把握できないことがほとんどです。しかし音声DXを導入すれば、お客様の情報をあらかじめスタッフと共有しておくことが可能に。例えば上記の動画のように駐車場や駅からホテルへとお客様を送迎するときに「今から〇〇様送迎します」と館内にいるスタッフへ伝えれば、その後館内へお客様をご案内するときの対応もしやすくなりますよね。このように音声DXをホテルで導入すれば、お客様の情報を簡単に共有することができ、その後の業務のしやすさにも繋がるのです。特にお客様の当日のプランはそれぞれ異なるため、そのお客様にあったサービスの提供が求められます。音声DXはそんなホテル業界にぴったりのデジタル技術だと言えそうですね。

スタッフの位置を把握し、効率的に業務を回せる

音声DXを導入すればフロアの全体状況を把握できるようになります。これまではスタッフを見つけるためにフロア内を探し回り、無駄な時間が発生していたというホテルも多く業務効率が落ちていました。また館内で内線を使用してもスタッフの正確な位置までははわからないと、こちらの動画でもおっしゃっていました。さらに大きな声出したり、動き回ったりするのはホテルのイメージを損なうことにも繋がります。しかし音声DXでスタッフ同士で密なやり取りが可能になれば、フロアの見える化を実現でき日々の業務を効率よく行えるようになります。こうすればホテルのイメージを崩さずに業務を回す事ができそうですね。

お客様により良い接客サービスを提供できる

音声DXの導入はお客様へより良い接客サービスを提供することにも繋がります。音声DXによってスタッフ同士で円滑なコミュニケーションができるようになると、業務の効率化が可能になります。その結果、本来無駄になっていた時間をそのままお客様との接客の時間に使えるというわけです。お客様側から見ても、バタバタして忙しそうにしているスタッフさんには話しかけづらく、要望を思うように伝えられないと感じることもあるそうです。こうした中でホテルスタッフが余裕を持ってお客様一人一人に注力することができれば、利用者さんの旅の満足度を上げることができますよね。この音声DXの導入すれば、チェックアウト時に「ここに宿泊できて本当によかった」とお客様により満足してもらえるサービスの提供が可能になりますよ。

音声DXを導入するならBONX WORKがおすすめ

ここまでホテルの現場で音声DXを導入するメリットについて解説してきました。では実際にどういった音声DXを導入すれば良いのか気になりますよね?ズバリ答えは弊社のサービスでもある「BONX WORK」です。BONXWORKの概要とBONXの宿泊施設向けのおすすめ機能など、これらの魅力をここからご紹介します。

BONX WORKとは

弊社のサービスであるBONX WORKは、一人一人がシームレスにつながることによって、チームの全体の成長を加速させるコラボレーションプラットフォームです。BONX WORKではBONXと呼ばれるBluetoothイヤホンと専用のアプリケーションを展開。インターネットに接続し離れた場所でもハンズフリーでのやり取りが可能になるデバイスです。またBONXは現在ホテル業界を始めとする各業界導入されており、日々の業務の効率化を加速させています。BONX WORKをより詳細に知りたい方はこちらのHPをご覧ください

ホテルの現場でおすすめなBONXの機能を3つご紹介

BONX WORKの概要について押さえていただいたところで、そのデバイスであるBONXのホテルの現場でのおすすめの機能をご紹介します。またここでは紹介しきれなかった機能や料金プランなどについてはこちらのHPからご確認ください。

おすすめの機能①ハンズフリーかつ距離無制限

BONXの最大の特徴は、やはり遠隔でのコミュニケーションをハンズフリーで行えることです。トランシーバーでは機種によっては距離の制限があり、満足に会話ができないことも。しかしこのBONXならインターネットに接続すればどこにいてもスタッフと情報共有ができます。特にフロアが何層もある客室数の多いホテルであればあるほど、コミュニケーションが難しくなりますよね。そういった場合でも距離無制限でやり取りができるためおすすめですよ。

またこのBONXはハンズフリーデバイスなので、調理やお客様の荷物を客室に運ぶ時など手を使う業務でも問題なくやり取りはできます。業務の手を止めることなく、スタッフと情報共有できるのは非常に便利な機能だと言えますね。

おすすめの機能②複数のグループと同時に会話が可能

BONXでは同グループ間だけでなく、複数のグループとの同時接続も可能です。この機能を活用することで組織のチームワークを強化する事ができます。例えば荷物を客室まで運ぶベルアテンダントと、ホテルの入り口やドアの開閉、さらにお客様の代わりに車を駐車するドアアテンダント、さらにはフロントがBONXで連携すればお客様のホテルの到着から客室までのご案内をスムーズに行う事ができますよね。つまりセクションの垣根を越えたチームワークが可能になります。他にも様々な組み合わせがあると思いますが、どれもBONXの機能あってのことですよね。お客様に最高のサービスを提供するホテルにとって、BONXはぴったりのデバイスだと言えそうです。

おすすめの機能③文字起こしで簡単に情報共有

ホテルの業務中、空調の調整やミニバーの補充などお客様からのリクエストも多いですよね。こうしたリクエストをメモし、スタッフに共有するという流れだと非効率でヒューマンエラーやコミュニケーションの食い違いなどがどうしても起こってしまいます。そうなるとお客様に納得のいくサービスを提供できない可能性もありますよね。そこでおすすめなのが「BONX+」と呼ばれるBONXのカスタマイズ機能です。このカスタマイズ機能とBONXに搭載されている文字起こしの両方を使えばお客様からの電話でのリクエストをそのままテキスト化、その後BONXのグループで共有することでそういったミスなく要望にお応えする事ができます。こうしたリクエストだけでなく、手が離せない状態でも声で伝えたいことをテキスト化しそのまま伝えるといった使い方も可能ですよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は音声DXの基本事項と導入すべき理由・メリット、そしておすすめの音声DXであるBONXについてもご紹介しました。ホテル業界が音声DXを導入すべき理由は「スタッフ同士で密なやり取りをするため」でしたね。スタッフ同士で円滑なコミュニケーションが取れるとお客様の情報共有やスタッフの全体状況の把握、さらには空いた時間をより良い接客サービスの提供にも繋がります。人手不足に陥っているホテル業界が真っ先に導入すべきなのはこの音声DXだと言えますね。今後さらにホテル業界の課題を解決する画期的なDXは生まれるのかどうか、目が離せませんね最後まで読んでいただきありがとうございました。