病院とDXの相性は良い?その理由をご紹介

Blog

昨今のコロナ禍で病院は日に日に忙しさを極めつつあります。そんな状況において、IT・デジタル技術を使う事は医療従事者の方々にとって大きな助けとなるのです。今回は、病院とDXの相性が良い理由を見ていきたいと思います。

現代の病院において重要なキーワード「DX」

病院内の勤務において何故DXは重要なのでしょうか。理由はいくつかありますが、一番はやはり医療従事者の負担の軽減でしょう。
医療は人の命に関わるため、スピードと正確さが重視されます。そのような中ではDXを推進し、業務の効率化を図る必要があるのです。事実DXを推進した事により業務が簡易化され、正確さを維持しながらスタッフの負担が減った事が好評価であったという事例も。これがDXが医療の世界で重要視される理由でもあります。
またDXについてはこちらの記事でも解説していますので、ご覧いただければ幸いです。

病院はDXを取り入れやすい

DXは様々な業界で推進されていますが、特に病院はDXを取り入れやすい職場の一つとされています。病院とDX、これらは一見何の関係ないようにも見えますが何故なのでしょうか。
その理由を3つご紹介したいと思います。

DXを取り入れやすい理由①緊急事態への対応

医療の場では患者の容体が急変するなど、一分一秒を争う事が多々あります。DXを推進した現場では電子カルテなどを導入する事で、これまで時間が掛かっていた患者の情報の共有などを瞬時に行う事が可能です。
また急病人が運び込まれた時にもトランシーバーなどのデバイスで連携が取りやすくなるというメリットもあります。

DXを取り入れやすい理由②患者の負担の軽減

例えばオンライン診療などの遠隔医療システムであれば、患者が病院に行く時間や手間を省くことができます。それだけでなく、来院できない状態の人にとってものメリットも。またモバイルクリニックなどの移動式医療施設でも遠隔地にいる医師の診療を受ける事ができます。このように患者の身体的負担を減らし、DX推進以前よりも診察が受けやすくなる事が病院とDXの相性が良い理由の一つです。

DXを取り入れやすい理由③スタッフ同士の接触を減らせる

コロナ禍においては人との接触を減らす事が推奨されます。IP無線などのIT技術を導入した医療の現場では、スタッフ同士情報を共有する際わざわざ集まる必要がありません。離れた場所にいても情報を共有することができるのです。また必要以上の会話・接触を減らす事で、院内でのコロナのクラスタ―発生を抑える事ができるというメリットもあります。

病院におけるDXの推進の課題

ここまで読んで頂いた方には、病院とDXの相性が良い理由をご理解頂けたかと思います。
しかし病院におけるDXを推進した事例は実は少ないのです。と言いますのも電子カルテやのIT技術のコストが掛かるためです。また診療情報を共有するプラットフォーム機能を担う組織が存在しない事も、DX化が送れている理由でもあります。さらに新たなシステムを導入する事で慣れるのにかえって時間が掛かってしまうというデメリットも。ここまで見ると病院でDXを推進する事はとても難しく思えますが、これらの課題を解決できるサービスがあります。

BONX WORKについて

弊社では「BONX WORK」というサービスを展開しています。ここでは、医療におけるDXの推進の課題を解決する「BONX WORK」の特徴を3つ見ていきましょう。

BONX WORKの特徴①情報共有が可能

これまでは新たなシステムを導入し医療現場のスタッフが扱いに慣れるのに時間が掛かるという課題がありました。しかし、「BONX WORK」はスマホにアプリをインストールする事ですぐに使う事ができますし、純正イヤホンマイクである「BONX GRIP」や「BONX mini」を連動させれば、まるでその場に相手がいるかのようなクリアな音声でのやり取りが可能です。またテキストチャットが可能なので、突然の事態にも一瞬でスタッフ全員にメッセージや画像を送る事ができるようになっています。使い慣れたスマホで情報共有する事ができるのは嬉しいですね。

BONX WORKの特徴②ハンズフリーで業務ができる

これまでのトランシーバーは片手に持つタイプがほとんどであったため、発話するために作業をいったん中断する必要がありました。これは常にスピードが命の病院ではデメリットになってしまいます。しかしBONX WORKはイヤホンマイクを装着すればハンズフリーで業務ができるため、移動中や業務を行っている間でも安全にスタッフ同士でのやり取りが可能です。実際にこちらの昭和大学江東豊洲病院 脳神経内科では、「BONX WORK」を導入する事で脳卒中の治療時間短縮に繋がったとの事。

このように「BONX WORK」は実際の医療の現場で成果を上げつつあります。

BONX WORKの特徴③様々な料金プランから選べる

IP無線などのIT技術を導入するにはコストがどうしても掛かります。レンタルする場合、おおよそ一台につき1泊2日で2000円~が相場です。
ですが「BONX WORK」のアプリはスタンダード/プロフェッショナルプランから選べます。特にスタンダードプランは1アカウントにつき月額962円から始める事ができるのです。
一人1000円以内で抑える事ができるのは嬉しいですよね。また2021年8月から開始したサブスクリプションプランはハードウェアを提供するプランとなっています。
詳しく知りたい方は、こちらのサイトから料金プランを確認する事ができます。

まとめ

今回は病院とDXの相性が良い理由について見ていきましたが、いかがでしたか?
今回の記事をまとめると、
・DXとは「デジタル・トランスフォーメーション」の略。
・早く対応できる・負担を減らせるなどのメリットから病院とDXの相性は良いと言える。
・一方で病院においてのDXの推進はコストなどの課題がある。
このようになりました。
医療の現場は日々変化しています。そして日本での病院におけるDXの事例はまだ少ないのが事実ですが、これからも医療の場で様々な技術を目にする機会も増えるでしょう。またDXを推進する事で人との接触を減らす事ができるなど、コロナ対策にも繋がるメリットがありました。
これからも医療の現場でのDXの導入がどうなるのかが気になりますね。
ここまで読んで頂きありがとうございました。