DXを活用し小売業界が抱えている課題を解決するためには

Blog

日本だけではなく世界中で今注目されている言葉「DX」。DXを推進することによって様々な業界の企業の成長や競争力の向上が期待されていると言われています。特に商品のコモディティ化が進んでいる他、多様化する消費者ニーズへの対応を迫られている小売業界では、従来のマーケティングでは通用しなくなっているのが現状です。
そんな小売業界の現状を打開するためにはDX化がもはや必須だと言われています。そこで今回はDXについての基礎知識や重要性、さらに小売業界が抱えている課題、その解決に向けたDX活用方など多岐にわたってご紹介します。

いま世界で注目を浴びている言葉:DX

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略で簡単言うと「デジタル技術の進歩で、我々の生活に変革をもたらすこと」です。また早期にこの”DX”という概念を提唱したとされるスウェーデン・ウメオ大学教授のエリック・ストルターマンによれば、この「DX」という言葉は以下のように定義されます。「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」参照:Information Technology and the Good Life(2004, Erik Stolterman, Umea University, Sweden)またビジネスのシーンに限定してこのDXは「デジタル技術を業務内容やビジネスモデルを変革させること」という意味合いでも使用されます。

なぜDXが国内問わず世界中で重要視されているのか

なぜこのDXという言葉が注目されているのかと言うと、国内でDX化を推進することで、企業の成長や競争力の向上が期待され、結果的に国内の経済の更なる発展が見込まれているからです。いま世界各国でこのDXが重要視されており、このDXを活用・導入しない国はいずれ国際競争に勝てなくなってしまいます。そうならないためにも、今のうちから国内の各業界でDXの推進を図る必要があるのです。DXとは単に「我々の生活が豊かになる」という意味だけでなく、今後の日本に未来さえ左右する重要なキーワードだったのですね。

DXについてこちらの記事でより詳しく解説しています。

小売業界が現在抱えている課題

DXについてご理解いただけたところで、ここからは小売業界が現在抱えている課題について解説していきます。

課題①:ECビジネスへの転換

新型コロナウィルスの影響で外出自粛が続き、今まで以上に人との接触を避けインターネットで商品を購入する消費者が増えました。またUberEatsなどのECサイトを通じて商品をデリバリーしてもらうサービスの需要も高まっています。新型コロナウィルスがもたらしたこの新たな生活様式は今後しばらく続き「消費者の実店舗離れ」はますます加速するでしょう。小売業界には時代のニーズを満たしつつ、デジタル技術を用いた新たなサービスの展開が求められています。

課題②:顧客データの重要性

今後目まぐるしく変化する消費者の購買行動に対応するためには、データの活用がますます重要になるでしょう。データをこれまで以上に収集・分析することによって、消費者の動向や今後のニーズを把握し、企業戦略を立てれば更なる売り上げが期待できるからです。しかしこれまで実店舗の販売がメインだった小売業界では、そもそもデータ収集が十分にできていない企業や、集めたデータをしっかりと活用できていないケースも多く、このデータの重要性を再確認する必要があるでしょう。

DX活用で小売業の課題をどのように解決するか

小売業界が抱える課題は激しく変化している消費者の動向に起因するものでしたね。さてそんな課題をDXでどう解決するのか順番に見ていきましょう。

解決策①:実店舗とオンラインでの連携販売

多様化する消費者のニーズに応えるため、小売業界のECビジネスへ対応はもはや必須でしょう。
そんな中「OMO」と呼ばれる言葉が現在注目を浴びています。このOMOとは「Online Merges with Offline」の略で、オンライン(=ECサイトやインターネット上でのサービス)とオフライン(=実店舗)を統合したマーケティング概念のことです。例えば、ECサイトと実店舗での購買データを一元化し店舗での購買データを元に、顧客の選びそうなアイテムをECサイトで販売したりといった取り組みがなされています。このOMOを導入することで、オフラインとオンラインの垣根を越えて、多様化する顧客のニーズに柔軟に対応でき、売り上げUPが期待できます。

解決策②:AIによるデータの収集・分析

顧客のデータの活用が課題だとされる小売業界。実はそんな小売業界でもはレジ業務で得られるPOS
データや、属性、ECサイトでの購入データなど日々多くの種類のデータを得ています。DXによってこれらのデータをAIを使い管理・分析することが出来れば、日々の業務の効率化や企業の売り上げ向上が期待できます。またDX推進によって、今まで従業員の決済や顧客管理などの手作業で行っていた業務を自動化。結果的に彼らのストレス軽減や仕事量の負担を減らすことが可能になるとも言われています。

まとめ

いかがでしたか?今回はDXについての基礎知識や重要性、さらに小売業界が抱えている課題とその解決に向けたDX活用方法についてご紹介しました。ニューノーマル時代の変わりゆく消費者行動に対応するために、OMOの導入やAIによるデータの収集・分析などDX化を早急に進めていかなくてはなりません。そのためには組織内での課題を洗い出し、具体的な方針の決定から始めることが先決です。DX推進によって今後小売業界がどのような動きを見せるのか注目したいですね。

弊社のサービス「BONX WORK」について

弊社では「BONX WORK」というサービスを提供しています。純正のBluetoothイヤホンと専用のアプリケーションと連動させ、インターネットに接続することでどんな場所にいてもコミュニケーションが可能になります。この「BONX WORK」は小売や飲食、ホテル業界といったスタッフ同士でのコミュニケーションが欠かせない業界での導入実績も多数あり、日々の業務の効率化を図りたいと考えている方にぴったりのサービスです。ぜひこの機会に弊社の「BONX WORK」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?詳しい機能や料金プランなどはこちらのHPからご確認ください。