fbpx

デスクレスワーカーとは?スーパーマーケットが抱えている課題と対処法

Blog

社会を回していくうえで必要不可欠な存在であり、現場の最前線で活躍しているのがデスクレスワーカーと呼ばれる人々です。私たちはデスクレスワーカーなしには今のような不自由ない暮らしを送ることは困難でしょう。
私たちの生活の中で欠かすことができないデスクレスワーカーですが、実は今さまざまな課題を抱えています。それはスーパーマーケットで働くデスクレスワーカーも例外ではありません。
そこでこの記事ではスーパーマーケットで働くデスクレスワーカーが抱えている課題と対処法について解説していきます。ぜひ最後までご覧いただき参考にしてください!

 現場の最前線で活躍するデスクレスワーカーとは?

デスクレスワーカーは現場の最前線で働き日本経済を支えている存在です。なんと世界の労働人口の約8割がデスクレスワーカーなのだとか。労働人口の多さからもデスクレスワーカーなしには社会を回していくことができないのがわかりますよね。
デスクレスワーカーの一例として、
・スーパーマーケットやコンビニなど小売業で働く店員
・医師や介護士などの病院や介護施設で働くスタッフ
・公共交通機関などで働く運転手や駅員、カウンタースタッフ
・行政で働く窓口スタッフ
・工事現場などで働く作業員
・安全を守っている警備員や警察・自衛隊や救急隊員、消防隊員
これらが挙げられます。その中でも今回の記事ではスーパーマーケットで働くデスクレスワーカーが抱えている課題を詳しく掘り下げていきます!
デスクレスワーカーとは?課題と対処法をわかりやすく解説

デスクレスワーカーが活躍するスーパーマーケットが抱えている課題

私たちが日々生活していく中でスーパーマーケットは欠かすことができない存在です。しかしデスクレスワーカーが活躍するスーパーマーケットでは多くの課題を抱えています。具体的な例を挙げると、
・新型コロナウイルス感染症の影響による社会ニーズの変化
・10年以上改善されていないスーパーマーケットの生産性
・未だに続く非効率的な口頭での情報伝達
これらの課題が挙げられます。それぞれ詳しく解説していくのでぜひ参考にしてください。

課題①:新型コロナウイルス感染症の影響による社会ニーズの変化

2020年1月から突如出現した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は私たちの社会生活に大きな変化を与えました。代表的な例として、
・ソーシャルディスタンスの確保
・外出時のマスクの着用
・飲食店におけるアクリル板
・入店時の検温
などなど従来では考えられなかったようなことがいまや当たり前になっており、このような新しい当たり前を「ニューノーマル」と言います。またスーパーマーケットにおいても店員と顧客との接触機会の減少が求められています。
さらに実店舗での買い物からインターネットショッピングへ移行する傾向が顕著に表れてきています。(出典:あきた経済研究所)実店舗を展開するスーパーマーケットにおいてもネットスーパーのようなサービスを展開するなどインターネットショッピングに対抗する手立てが必要だと言えるでしょう。

課題②:10年以上改善されていないスーパーマーケットの生産性

日本リテイリングセンターの調査結果によるとスーパーマーケットの人時生産性は小売業の他業種と比べて低いままで全く改善されていないと言います。しかも改善されていないどころかむしろ悪化している事例が増えているというのですから驚きです。
生産性が低いと言うことは賃金を上げることができません。結果的に人手不足に陥ってしまいさらに生産性を下げてしまうことに繋がります。
たとえばセルフレジを導入したりコミュニケーションツールを導入したりしてスタッフ同士の連携を図るなど生産性を上げるための工夫が必要不可欠と言えるでしょう。

課題③:未だに続く非効率的な口頭での情報伝達

お客さまからの問い合わせ時に生じた疑問点やスタッフ同士での業務連絡など口頭で行っているという企業様も多いのではないでしょうか。しかし連絡事項がある度に直接該当者にまで伝えに行くのはあまりにも非効率ですよね。
そんな時に活用したいのがインカムなどのコミュニケーションデバイスです。
インカムなどを活用することで離れたスタッフ同士でも瞬時にコミュニケーションを取ることができ、よりスタッフ同士での連携を強化することが可能となります。

スーパーマーケットも時代の流れに合わせて変化しよう

日本リテイリングセンターの調査結果を見る限り残念ながらスーパーマーケットが時代の変化に合わせて変化できているとは言えないでしょう。しかし変化することが求められているコロナ堝時代において、変化していなければ他社と差を付けられてしまい衰退していってしまうと言えます。

周りが変化しているのに変化しないのは衰退と同じ

周りが変化し少しずつでも業務効率の改善を図っているのに対し、自社だけが変化することを恐れ変化することを避け続けていればそれは衰退していることを意味します。
周りが変化しているのに自社だけ成長しなければ競合他社に差を付けられていってしまい衰退していきます。このように変化しないことは衰退を意味し、変化することよりもよほど大きなリスクであると言えます。このことから変化を恐れずに変化し、業務効率改善を常に考えていくことが大切であることがわかるでしょう。

デジタル技術を積極的に取り入れて業務効率を改善するのがおすすめ

ここまでお読みいただければ変化することの大切さをご理解いただけたのではないでしょうか。しかし具体的にどのように変化していけば良いのかわからないというスーパーマーケット担当者様もいらっしゃるかと思います。
そこでおすすめしたいのがデジタル技術の導入です。デジタル技術を導入することで既存の業務オペレーションをより効率良く回すことができ、生産性の向上に繋がります。次の章ではスーパーマーケットでも導入できるデジタル技術を紹介しているのでぜひ参考にしてください!

スーパーマーケットでも活用できるデジタル技術とは?

スーパーマーケットでも導入することができるデジタル技術として、
・ICタグの導入
・セミセルフレジの導入
・コミュニケーションデバイスの導入
これらのデジタル技術が挙げられます。それぞれ具体的に紹介していくのでぜひ参考にしてください。

ICタグの導入で商品登録を瞬時に実現

一般的にICタグは超小型のコンピュータに電波を電力に変換する回路を埋め込むことで充電や電池などを必要とすることなく近距離通信を実現できるデバイスのことです。
ICタグを導入することでバーコードによる商品登録が不要になり、指定位置に置くだけで会計金額を表示することができるなど多くのメリットがあります。

セミセルフレジの導入で省人化

セミセルフレジとは商品登録はレジ打ちに慣れたスタッフが行い、お会計を顧客側に任せることができるシステムです。これにより会計時間を短縮することができ、さらにお会計を顧客とシステムに任せることで会計時の人的ミスを減らすことができます。
またセミセルフレジの他に全てを顧客とシステムに任せるフルセルフレジがありますが、フルセルフレジの場合商品登録になれていない顧客が自ら商品登録を行う必要があり顧客満足度の低下やレジの渋滞に繋がってしまう可能性があります。そのためセミセルフレジがベストな選択と言えるでしょう。

コミュニケーションデバイスの導入で疑問点を瞬時に解決

日々業務を回していく中でわからないことも多く出てくることでしょう。そんなときに活躍するのがインカムなどのコミュニケーションデバイスです。コミュニケーションデバイスを使用することで、離れたスタッフ同士とでもスムーズにコミュニケーションを取ることができ、より生産性をアップすることに繋がります。

スーパーマーケットもデジタル技術で業務効率を改善できる!DXを促進して他社と差別化しよう

日本リテイリングセンターの調査結果からも多くのスーパーが変化を恐れ現状維持を貫いてきていることがわかります。そんな中少しずつでも変化していくことで他社と差別化することができ結果的に成功に近づくことができるでしょう。
他社と差別化するためにも少しずつ変化しPDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を回していく必要があります。すると気がついたときには他社と大きく差別化することに成功に近づきます。
今回ご紹介したようなデジタル技術の導入を検討し生産性をアップしていくことが大切なのです。

コミュニケーションデバイスの導入ならBONX WORKがおすすめ

これまでにスーパーマーケットでも導入できるデジタル技術として3つほどご紹介させていただきました。その中でもコミュニケーションデバイスの導入ならBONX WORKがおすすめです。
BONX WORKにはBONX GRIPとBONX miniの2種類のデバイスがラインナップされています。どちらも小型のため自然にお店に馴染み、お店の雰囲気を壊さずに利用することができ、離れたスタッフ同士でも瞬時にコミュニケーションを取ることができます。
また一部のトランシーバーでは利用するために無線の免許が必要となりますが、BONX WORKならインターネット回線を利用しているため無線の免許を取得することなく利用することができます
BONX WORKの利用料金は下記ページよりご確認いただけます。ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。
BONX WORKの料金プラン詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事ではスーパーマーケットで働くデスクレスワーカーの抱えている課題と対処法について解説させていただきました。
スーパーマーケットにおけるデスクレスワーカーたちが抱えている課題は、変化を恐れ現状維持を続けてきた結果なのではないでしょうか。
変化することはとても勇気が必要です。しかし変化しなければ競合他社と大きく差をつけられてしまうことになります。ぜひこの機会にBONXと共に新たな一歩を踏み出してみましょう!