fbpx

建設業及び工事現場でDXを促進すべき3つの理由【課題と対処方についても解説】

Blog

いま多くの業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)の流れが加速しています。それは工事現場も例外ではありません。DXはデジタル技術を活用することで業務効率を改善する取り組みのことを指す言葉であり、一見するとデジタル技術とは無縁に見える工事現場ですが実はDXを促進することで大きく業務効率をアップすることができます。

そこでこの記事では工事現場など建設業界のDXを促進すべき理由や建設DXの促進により解決できる課題についてわかりやすく解説していきます。ぜひ最後までご覧いただき参考にしてください!

建設業及び建設工事の現場に求められる「生産性向上」という課題

現場DX

いま工事現場では深刻な人材不足に陥っており生産性の向上が求められています。国土交通省が実施した「建設業及び建設工事従事者の現状」という調査によれば建設業で働く労働者が年々減少傾向になっており、少子高齢化による影響により今後さらに人手不足が深刻化していくと予想されています。

現場DX図解.jpg

出典:国土交通省「建設業及び建設工事従事者の現状」

国土交通省の行った調査からもわかるように、現在建設業で働いている方の78.1万人は60歳以上の方であり10年後には多くの方が引退していくと予想されています。しかし15歳から29歳までの建設業従事者はわずか35.7万人しかいないのが現実です。

さらに工事現場では他産業と比較し労働時間が長く、これも労働力不足の原因になっていると考えられています。このような事実から、工事現場でもDXを促進し業務効率をアップする必要があると言えます。

工事現場の生産性向上に貢献する「建設DX」とは

建設現場

具体的にDXの促進とはどのようなことを指すのでしょうか。経済産業省の「DX 推進指標とそのガイダンス」という資料によるとDXは次のように定義されています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や 社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務その ものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

建設DXとは建設業界におけるデジタル化を意味し、デジタル技術や機械化を行うことで業務効率を改善することを言います。

→建築現場における音声DXの事例をご紹介!

工事現場で建設DXを促進し解決できる課題

工事現場

工事現場で建設DXを促進していくことでいま抱えている工事現場の課題を解決することができます。具体的には、

・業務効率の改善により人手不足の解消
・次世代へのノウハウの引き継ぎにより担い手不足の解消
・省人化の促進により労働環境の改善

このようなことが可能となります。それぞれ詳しく解説していくのでぜひ参考にしてください。

業務効率の改善により建設工事従事者の人手不足を解消

工事現場で建設DXを促進することでドローンの活用により高所の安全確認を行ったり、インカムなどのアイテムを使い離れた作業員同士でもスムーズにコミュニケーションを行うといったことを実現できます。これらのテクノロジーを上手く活用していくことで業務効率を改善していくことができ、深刻な人手不足問題を解決の方向に進めていくことができます。

次世代へのノウハウの引き継ぎにより担い手不足の解消

建築業従事者の高齢化が加速しており、このままではさらに人手不足が深刻化していくことが予想されています。また建築業は技術職のため将来世代への技術継承も必要不可欠です。そのため熟練技術者から若手技術者への技術の継承が急務です。
そのための手段として、DXの促進は効果的と言えるでしょう。建設DXを導入することで熟練技術者の技術や判断力をAIに記憶させることでモデル化したりといったことを実現し、将来世代への技術継承に大きく貢献します。

省人化促進により労働環境の改善

これまでに何度もご紹介させていただいてきたように、いま建設業界では深刻な労働力不足が加速しています。建設業界にとって労働力不足を解決するのは急務であると言えます。
そこで建設業界でもDXを促進し業務効率をアップすることで省人化を進めていくことが必要です。省人化を進めることで、結果的に労働環境を改善することができ、労働力不足の解消にも繋がります。

→建築現場でのDXのメリットを解説!

工事現場で建設DX促進を成功させるためのカギとは?

システム現場

建設工事の現場でDXの促進を成功させるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。結論、現場とのギャップをいかになくしていくのかがカギとなります。残念なことではありますが、管理者側の考えと現場の考えは必ずしも一致しません。いかに新たな技術を建設現場に受け入れてもらえるかを大切に現場の意見をしっかりと聞くことが大切です。

作業員同士でのコミュニケーション効率アップならBONX WORKがおすすめ

これまでに工事現場など建設業界におけるDX促進のメリットについて解説させていただきました。工事現場でDXを促進していくための第一歩として、音声DXであるBONX WORKがおすすめです。BONX WORKを導入することで、

・ネット環境に繋がる場所であれば距離に関係なくコミュニケーション可能
・小型かつ軽量なので作業に集中できる
・サブスクリプションで利用しているから導入コストがかからない

このような特徴が挙げられます。それぞれ解説していくのでぜひ参考にしてください。

特徴①:ネット環境に繋がる場所であれば距離に関係なくコミュニケーション可能

BONX WORKはインターネット環境下であればどんなに離れていても遮蔽物や障害物があったとしてもスタッフ同士でスムーズにコミュニケーションを取ることができる便利なアイテムです。いままで何かしらの連絡事項がある際に該当者の近くまで行き連絡を取っていたという方も多いかと思います。
しかしBONX WORKを導入することで離れた場所からでも瞬時にコンタクトすることができ連絡をスムーズに行うことが可能となります。

→音声における現地 KYを推進!建設現場の作業指示や確認に役立つツール|戸田建設株式会社様 

特徴②:小型かつ軽量なので作業に集中できる

BONX WORKで利用することができるデバイスはBONX GripとBONX miniの2種類のデバイスがラインナップされています。どちらもとても小型かつ軽量な設計になっており、BONX Gripの重さが約15g、BONX miniならBONX Gripの3分の1の重さである、わずか約5gとなっています。本体の重さがとても軽量のため作業に集中することができ工事の邪魔になりません。

→騒音の多い工場内で作業の手を止めずに連絡が取れるようになりました|株式会社安藤大理石様

特徴③:サブスクリプションで利用できるから導入コストがかからない

BONX WORKは毎月一定額の費用で利用することができるサブスクリプションサービスです。そのため携帯電話のように利用すればするほど利用料金がアップする従量課金と違い安心して利用することができます。
またデバイス本体もサブスクリプション契約することができるため、導入コストを抑えてBONX WORKを使い始めることができますよ。BONX WORKの料金プラン詳細は下記ページを参考にしてください!

→BONX WORKの料金プラン詳細はこちら

工事現場でもDXを促進して業務効率を改善しよう

この記事では工事現場でDXを促進すべき理由について解説させていただきました。人手不足が深刻になってくれば労働環境の悪化に繋がりさらに人手不足が加速してしまいます。
そこで工事現場においてはできる限り早急にDXの促進を行い業務効率を改善していく必要があると言えるでしょう。
そのための第一歩としてスタッフ同士のスムーズなコミュニケーションを実現できるBONX WORKがおすすめです。ぜひこの機会にBONX WORKの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

→建築現場と音声DXの相性は良い!その理由をご紹介