建築現場でのDXのメリットを解説!

Blog

ここ数年、建築現場で聞くようになった言葉「DX」。聞き慣れないという方もいるかと思われます。
ですがDXは近年の建築業界において欠かせない言葉となっており、またDXを進める事で現場作業において得られるメリットも多いのです。
一体DXとは何か、進める事で建築現場にどのような変化が起こるのか、気になりますよね。
そこで今回は、建築現場におけるメリットについて解説していきたいと思います。

DXとは?

そもそもDXとは何なのでしょうか。
DXとは「デジタル・トランスフォーメーション」の事であり、2004年にスウェーデンのウメオ大学教授であるエリック・ストルターマンが提唱した概念です。「IT技術の浸透は、人々の生活をあらゆる面でより良いものへと変える」といった内容となっています。

また経済産業省のサイトでは、

企業が外部エコシステム(顧客、市場)の破壊的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォームを利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること
(経済産業省より)

と表現されています。

これでは少し分かりづらいですよね。
言い換えると、DXとは「市場の変化への対応としてIT技術を駆使し、オンライン・オフライン両方に対応したサービスを提供する事」を意味しています。
また昨今のコロナ禍でDXを進める企業は急増し、注目度が高まっている概念でもあります。

建築現場でのDXのメリット

ここまで「DXとは何か?」について解説してきました。ではDXを推進する事で得られるメリットがどんなものなのか、気になりますよね。
ここでは建築現場でのDXのメリットとは何であるか、いくつか見ていきましょう。

建築現場でのDXのメリット①作業の効率化

DXにおけるメリットとして一番大きいのは、やはり作業の効率化でしょう。
例えばBIM/CIMなどの3Dモデルを使用したテクノロジーを利用すれば、分かりやすい完成イメージをスタッフで共有する事ができます。
またSFAなどのシステムで顧客や売上の管理も可能です。
このようにIT技術を駆使する事で現場での作業を効率よく進める事ができますし、またミスを減らす事にもつながります。

建築現場でのDXのメリット②人件費の削減

建築現場でのDXのメリット近年の人材不足により、少ない人数で作業を進めていく必要がある企業は珍しくありません。そのような場合、IT技術を使う事で人数を補う事ができます。
またコロナ禍においては、作業に必要な人数を減らせばウイルス感染のリスクを下げる事ができるので、これからもこのメリットは注目されるでしょう。

建築現場でのDXのメリット③事故を減らせる

上記2つのメリットは、作業途中の事故を減らす事にも繋がります。これまでのテクノロジーの発展により、誰にでも分かりやすく情報を共有する事ができるようになりました。
怪我・事故が多い建築現場では何よりもスタッフの安全が第一です。DXを進めてIT技術を使う事で、連携を取りやすくなり、ミスを減らす事もできます。
このように、作業スタッフの安心・信頼を得る事にも繋がるのです。

2025年の崖とは?

このようにDXを推進する事には様々なメリットがありますが、ここまでDXが知られるようになったのには一つ理由があるのです。
それが「2025年の崖」。経済産業省の調査によると2025年~2030年に最大12兆円の経済損失をもたらす恐れがあるとの事ですが、これは人材不足や古いシステムによって引き起こされるとも言われています。
経済の損失という事は、企業の利益の損失にも繋がる重大な事態。そのため、近年その問題に対策しようとDXが進められているのです。
様々な問題を解決するキーワードとして注目されているDXは、建築現場においてこれからも欠かせない言葉になりそうですね。

BONX WORKのサービスについて

弊社は「BONX WORK」というサービスを提供しております。
文字起こしや録音も可能だけでなく、クラウド上で常に情報をスタッフ同士で共有する事ができるのです。
情報を目に見える形にする事で認識のミスを減らし、スタッフの安全を確保する事ができます。
またプロフェッショナルコースに登録して頂ければ、BONX WORKの上記全てのサービスを利用する事も可能です。
このように、弊社のBONX WORKは近年のDXを進める流れにも迅速に対応できるサービスでもあります。
一度ご利用を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は建築現場でのDXのメリットについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
記事をまとめると、以下のようになります。
・DXとは「デジタル・トランスフォーメーション」の事。IT技術を駆使する事で顧客にサービスを提供するという意味の言葉。
・DXを進める事で、作業の効率化や人件費の削減、さらには作業中における事故や怪我を防ぐ事にも繋がる。
・ここまでDXが進められるようになったのは、人材不足や古いシステムによる損失を減らすため。
これからもDXを進める企業は増えていくと考えられますし、またテクノロジーの発展に伴って得られるメリットも増えていくと思われます。
これらかも注目を集めるであろうDX、もし推進する事を考えている方がいるのであれば、これを機にIT技術の導入を考えてみてはいかがでしょうか。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。