fbpx

【BONX GRIPとmini徹底比較】小売業で使うならどちらがおすすめ?

Blog

建築現場や飲食店にとどまらず、小売業界でもBONXの導入を検討する声が増えています。しかし弊社が提供するハードウェアのBONX GRIPとminiのどちらを選べば良いかわからないと言う意見があるのも事実です。そこで今回は小売業でBONXの導入を検討している方に向けて、BONX GRIPとBONX miniの機能・特徴はもちろん、利用シーンに応じた各種ハードウェアの選び方を徹底解説します。

BONX GRIPの機能・特徴

まず弊社で提供しているハードウェアの一つ、BONX GRIPの特徴と機能をご紹介します。

動き回っても耳から落ちないしっかりとした装着感

BONX GRIPはイヤーループ採用で耳から落ちにくい装着感を実現しました。音楽を聴く場合でも同じことが言えますが、耳から落ちやすい設計だとその都度耳にはめ込む必要があります。数回ならまだしも、何度も耳にはめ直しているとやはりストレスに感じてしまいますよね。BONX GRIPではそうしたストレスから開放。気が散ることなく業務に集中できます。

デュアルマイク搭載でよりクリアな音質を実現

BONX GRIPではデュアルマイクを搭載。それによってデジタルでノイズを除去してくれます。さらにもともとBONXはスキーヤー・スノーボーダー向けに開発されていたこともあり、風切り音対策はバッチリです。音質がクリアで聞き取りやすいと、相手との余計なコミュニケーションをする必要がなくなる他、うまく伝わらない・聞こえないことで起こるストレスからも解放されますね。

BONX miniの特徴・機能

同じく弊社で提供しているBONX miniの特徴と機能についてもご紹介します。

左右のどちらの耳にも付け替え可能

一見するとあまり魅力的な特徴と言えないですが実は非常に便利なのです。実店舗での業務に限らず長時間イヤホン付けていると耳が痛くなったり、疲れたりしますよね。このBONX miniでは左右どちらの耳にも対応しているため、疲れたなと思ったタイミングですぐに付け替えることが可能に。BONX miniを使用することでそうしたストレスを解消し、集中して業務に臨むことができます。

どんなシーンでもマッチするコンパクトな見た目

BONX miniはミニマルなデザインを採用。やはり実店舗でコミュニケーションツールを使用する以上、お客様からどう見えているのかも考えなければいけません。例えばトランシーバーだと無骨に思われやすく、接客時に変なイメージを持たれかねません。逆にどんなシーンにもマッチするBONX miniのコンパクトな見た目はお客様にそういった違和感や不快感を与えず、むしろスタイリッシュでかっこいいといった良いイメージを持つお客様もいるのではないでしょうか。このように機能面だけでなく、デザイン面でもBONX miniは非常に使い勝手が良いハードウェアだと言えそうです。
またこれらのハードウェアの詳しい機能や特徴など詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。

結論:BONX2種のハードウェアをシーンごとに使い分けるのがおすすめ

BONX GRIPとminiのそれぞれの特徴・機能について触れてきました。しかし「結局どっちを選ぶのが正解なの?」と感じている人も多いのではないでしょうか?結論から言うと「ご利用のシーンに応じて2種のハードウェアを使い分ける」ことをおすすめします。その理由と具体的な内容について詳しく解説していきます。

GRIPとminiを使い分けるべき理由:バッテリー持続時間の違い

そもそも何故利用シーンに応じてハードウェアを使い分ける必要があるのかと言うと、BONX GRIPとminiでは「バッテリー持続時間の長さ」に大きな差があるからです。BONX GRIPではバッテリーの持続時間が7時間なのに対して、BONX miniではイヤホン本体だけでも3.5時間、充電ケースを併用しながらだと最大18時間もの間連続で通話できるのです。これらのバッテリーの持続時間を考慮して、例えば小売の店舗で働く従業員やフリーターに対してはBONX GRIPを、逆に学生のアルバイトの方達にはBONX miniを提供して逐一充電しながら使ってもらうといった活用方法も可能になります。

BONX GRIPとminiの使い分けをシーン別にご紹介

ハードウェア各種を使い分ける理由の一つが「バッテリーの駆動時間の違い」によるものでしたね。しかしそれだけがGRIPとminiを使い分ける理由ではありません。具体的にどういったシーンでBONX GRIPとminiを使い分けていくべきなのかここからご紹介します。

BONX GRIPを使うのが有効なシーン

①店舗内の従業員が使用するとき

先述の通り店舗内の従業員がBONXを使用するときには、BONX GRIPを選ぶと良いでしょう。BONX GRIPのバッテリー持続時間は最大7時間程度。基本的に1日あたり8時間程度勤務する従業員やには少し物足りないかもしれませんが、昼休憩のときにBONX GRIPを充電しておけば午後からの業務でもバッテリーを気にすることなく業務に集中できます。

②店舗内で幅広い業務をこなす必要があるとき

主に接客や商品在庫の確認・補充、レジの応援など店舗内で幅広い業務を担当している方にはBONX GRIPがおすすめです。これらの業務を並行して行うとどうしても店舗内を動き回る必要がありますよね。そうなるとイヤホンが耳から落ちそうになったり、何度も付け直したりと余計な手間がかかるものです。しかしイヤーループを採用しているBONX GRIPならそういったストレスを解消し、集中して業務に臨むことができます。

BONX miniを使うのが有効なシーン

学生アルバイトの方が使用するとき

先ほどの従業員が使用するときとは真逆で、学生アルバイトの方々が使用する場合にはBONX miniがおすすめです。 BONX miniのバッテリー持続時間は最大3.5時間。厚生労働省のデータによると学生のアルバイトは1日あたり基本的に4時間前後、多くても6時間程度業務にあたっています。(参照:厚生労働省沖縄労働局 「学生のアルバイトの実態等把握のためのアンケート調査結果 p.18」)これを踏まると学生のアルバイトにはBONX miniで十分対応できるでしょう。もちろん3.5時間以上勤務する学生に対してはGRIPや充電ケースとの併用も考えなくてはいけませんが、BONX GRIPよりもBONX miniの方が導入のコストを抑えられるといったメリットもあるので、そこはケースバイケースです。

まとめ

BONX GRIPとBONX miniの機能・特徴、シーン別の各種ハードウェアの選び方を解説しました。勤務時間が長い従業員また店舗内で複数の業務をこなす必要のある場合はBONX GRIP。そしてBONX miniは勤務時間が短い学生アルバイト向けに導入するのが有効でしたね。BONX miniはGRIPより導入コストを抑えられるメリットもあります。どちらのハードウェアを選ぶべきかはシーンに応じてご検討くださいね。