導入事例Case Study

ALL イベント店舗撮影施設物流

東京中を移動することが多い私たちには、BONXが合っていました

三井不動産株式会社 イノベーション創出拠点 BASE Q | 運営責任者光村圭一郎 さん

サムネイル

大企業の新規事業立ち上げ支援を行うイノベーション創出拠点であり、ワークスペースを運営する「BASE Q」では、スタッフ間のコミュニケーション手段としてBONXを採用しました。運営責任者の光村さんは、ご自身がサバゲーをされることもあり創業期からBONXを知ってくださっていたユーザー様。BONX社内での使い方についてのSNS発信を見てオフィスでの導入を決めてくださったということで、経緯や使い心地をインタビューさせていただきました。

 

「BASE Qは、大手企業からイントレプレナーを発掘し、イノベーションを興していくための場所であり、仕組みです。東京中を移動することが多い私たちには、常にBONXをつけておき気軽にコミュニケーションを取る働き方がハマっています」

 

BONX導入前に抱えていた課題は何でしょうか。

課題に感じていたことは大きく2つありました。1つ目は、コミュニケーションツールの乱立です。複数のチャットツールやメールを併用していましたが、使い方のルールも特になく、適宜バラバラに使っていてわかりづらくなっていました。

 

2つ目は、コミュニケーションコストの増大です。テキストベースのやりとりだと、文章を考えて、書いて、送って、読んで……と、一言で済むようなことに膨大な時間がかかります。携帯で電話すればいいのですが、それも現代ではちょっと手間に感じて、「会ったときに聞けばいいや」と後回しにして聞けずじまいということが増えていました。

 

最近は「電話することが悪」のような風潮になってきています。これは世代によると思いますが、昨今は電話をする習慣が減っているので、若い人は特に少し大げさに感じるようです。相手の名前を連絡先から探してコールする、って面倒ですよね。

 

それに電話は基本的に1対1のコミュニケーションになりますが、現代に多いフラットな組織では、1対nで一斉に共有したいことが増えてきます。伝言ゲームのようになってどんどんズレが生じていくのはナンセンスなので、こういった課題を解消したいという思いがありました。

BONXを導入したきっかけや決め手を教えてください。

知ったきっかけは随分前で、BONXがアクセラレーションセンターに入っていた4年ほど前に、宮坂くん(BONX CEO)と知り合いました。自分はサバゲーをやるので、クラウドファンディングのときに購入したんです。サバゲー仲間にも何人か買ってもらいました。

 

アウトドアやレジャーで使うものという認識だったので、ビジネスで使うとしても警備員やイベントスタッフなどのイメージしかありませんでした。2018年10月に発表していたBONX WORKの取り組みで、オフィスでも使えることに気付かされたんです。「台風の日にBONX使ったら、出社しないで会議ができました」と宮坂くんがSNSに投稿していて。自分の職場にも「こんなのあるけど、どう?」と提案したら、反応がよかったので導入してみることに決めました。

 

もともとオフィス向けに作られているわけではないから、正直ハード・ソフトともにまだまだ良くなると思ってはいますが、意外といけるんじゃない?という感覚でした。

他のサービスとの比較はしましたか。使ってみた感想はいかがでしょうか。

試しにBONXを使ってみて、使えなかったら他を探そうと思っていました。今のところ3人のスタッフで使っていますが、かなりハマっていますね。

 

BONXは「なくてはならない」ツールではなく、「あったらいいね」というツールなので、あまり初めからいろいろと比較したりはしませんでした。使いはじめてみると、「ちょっと聞きたいけど、電話かけるほどじゃないな」という場面が意外にたくさんありました。私は外にいることが多いので、ちょっとした日程確認などがBONXで飛んできます。

 

今は9〜17時くらいの業務時間中はBONXをつけるようにしています。つけていることによって、「気軽に話しかけていいよ」というポジションをみんなに示せるというメリットもあり、これまでよりコミュニケーションのハードルが下がりました。

導入後の具体的な利用シーンを教えてください。

東京ミッドタウン日比谷6FのBASE Qがベースではあるのですが、同じビル内10Fにある事務所や、東銀座にある三井不動産のオフィス、また外出先で仕事をすることがあり、メンバーがどこにいるかわからないことが多いんです。そんなときのちょっとした日常会話で使っています。

 

同じスペースにいるときも距離は離れているので、「お客さんにお水持ってきて」「隣のホールのイベント、どれくらい人入ってる?」「今どこにいる?」など、テキストを打つのは面倒だけどちょっと聞きたい、というタイミングでBONXを使います。

 

こういう場所(コワーキングスペース)にいると、本当にちょっと聞きたいことがたくさんあるんですよ。それが処理できずに溜まっていくストレスから開放されたのはよかったです。

↑コワーキングスペースでBONXの展示も行っている。スタッフが耳につけているのを見て、お客さんから「それは何?」と聞かれることもあると言う。

導入前後では何が変わりましたか?また、今後のBONXに期待することはありますか?

テキストメッセージだと気づくまでに時間がかかり、レスが遅れることが多々あったのですが、それが減ったのがよかったです。「後で聞けばいいや」がなくなり、忘れたり情報量がずれたりすることも減りました。

 

今は私たちは3人で使っていますが、もっと大人数になるといろいろな可能性があると思います。ただ単に利便性向上を目指すのではなく、もっと会話の質の向上を目指していけば、コミュニケーションそのものが変わるかもしれません。

 

たとえば、組織がうまくいかなくなるのは、ほとんどの場合コミュニケーションミスによる情報の断絶が原因といわれています。扱う情報や置かれている環境によっては、BONXを使うことでギャップが減って、関係がよくなることも起こるかもしれませんよね。

 

テキストコミュニケーションが膨大になりすぎている組織はたくさんあるはずです。電話に代わる連絡手段がチャットしかないのが現代ですが、BONXはその中間になりえると思います。

 

まだまだ改善できるところはたくさんありますけどね!今後の発展に期待しています。

 

 

 

BONX for BUSINESSお申し込み

こちらの必要事項をご記入の上、お申込み頂ければすぐにトライアルを開始頂けます。
35日間は完全無償でテスト頂くことが可能です。

BONX for BUSINESSをどこでお知りになりましたか?
想定のご利用人数
その他ご検討中のコミュニケーションツール

登録が完了しました

ご登録ありがとうございました。
必要なログイン情報は登録いただいたメールアドレスに
お送りいたしますので、そちらをご確認下さい。

30分以上待ってもメールが届かない場合は、
こちらより弊社までお問い合わせ下さい。